読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

関ジャニズムツアー - 総括

LIVE

関ジャニズムツアー、全日程終了お疲れ様でした!

構成演出は『うーん…?』と思うところも多かったけど、流れがわかってからの東京公演以降はどの回も楽しんできました。

最後まで通ってみて、初見の感想
http://say8888888.hatenablog.com/entry/2014/11/20/190053
以外の総括を。

好きだったところ

・「三十路少年」ダン
ただただ、渋谷さんが可愛かった…。ため息。
敬礼で毎回すばさんが抜かれてたのと、その度に「かわいい…」って会場がざわついてた思い出(笑)
名古屋あたりから客席も振りやる人が増えて、オーラスでは『変な匂いするけど~タンタンタン』の動きをかなりの割合でやってたのも楽しかった(*´∀`)

・「フローズンマルガリータダン
初日はとにかくやってくれた事が嬉しかったけど、観れば観るほどダンスが良かった…!
みんな大人の色気があって雰囲気あって、ものすごく格好良かった。
「Masterpiece」からのこの流れあと20回くらい観たかった。

・「All is Well」
『10周年に向けてのファンへの感謝』をテーマに作られたのに10周年でやらない、という何だよそれ!な流れだったので(笑)
まあ直近のツアー(JUKE BOX)でもやってるし、あんまりやりすぎると有難みがなくなるので。オーラスだけくらいが丁度良い配分かなと。
何度聴いても、渋谷・丸山・横山パートの歌詞が素晴らしい。
そして「ここに帰ってくるよ」で『今、ここ、ライブ』を指してくれる安田君にぐっとくる。

残念だったところ

・「RAGE」トロッコ移動
村上センターの画がひとつもなかった事がどうしても納得いかない…!
せっかくの村上君タイアップなのに(つд`)
せっかくの村上君楽曲なのに(つд`)

・途中でフロートを降りる
何の意味があったのか、未だにわからない。

オーラス、私はステージ横あたりのスタンドの一番後ろの席で
・前ビジョンは全部角度つきすぎて見えない
・後ろビジョンはスピーカーで見えない
・メインステージは向こうからのライト直撃で眩しくて見えない
・センターステとサブステは遠くて見えない
という何を見たらいいかちょっと迷う状況だったんですが、それでもフロートで通ってくれるほんの一瞬だけはちゃんとメンバーを見られたのに、よりにもよって一番好きな子が直前で降りたというね…!
これはへこむな、と実感しました。
途中で降りるなら、最初から乗らなきゃいいのに。

・同じ場所にずっといる
これも上の続きで。
ファンサタイムは両サイドかサブステにメンバーが留まる事が多かったけど、いる場所偏りすぎ!「T.W.L」と「Cool magic city」でずっといた場所に、「ゆ」でも行くってどういう事だい。

少しでも近くに行こうという気持ちは伝わったけど、それならできるだけ色んな場所で顔を見せて、花道もゆっくり通ってくれた方が全体の満足度は上がるんじゃないかなあ、と。

『ファンのため』『近くに行く』っていうことを何だかはき違えてやしないかい?と思った次第です。


最前ブロックからスタンド最後列まで色んなところで参加させて頂きましたが、本当にどこで観ても楽しいな!っていうのはしみじみ実感しました。
天井席だった名古屋が、終わった後一番楽しかったかもしれない。
そういう気持ちにさせてくれる、素敵なエンターテイメントでした。

でも、エイトはもっとやれるはず。
次のライブを、楽しみにしています。

 

関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 [Blu-ray]

関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 [Blu-ray]