読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

関ジャニ∞とモーニング娘。'15 ~関ジャムにおける石田亜佑美~

TV 女子アイドル

いやー、めちゃめちゃ良かったですね関ジャム!!!

2015年10月24日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」モーニング娘。'15ゲスト回。ジャニーズ界隈でもハロプロ界隈でも評判が良かったようで、双方の感想が盛り上がっているのがとても嬉しい。

かく言う私も、何度も見返すほどハマった回だった。

※女子ドルは本当に茶の間で、娘。に関してはASAYANオーディションから見ていたので初期に思い入れがある世代。よっすぃ~&チャーミー派。名前と顔が一致するのは6期くらいまで。道重さんの卒業後は個人まではわからない。という、ごくごく普通のアラサー女知識で書いているので、ファンの方から見て「そうじゃねぇよ!!」という点がありましたら御容赦ください。



「今のメンバーがわからない」が逆にキャッチコピーになっている'15。人数も多く全員にスポットが当たるのは難しかったが、トークと密着映像でわかりやすくキャラが伝わり、名前を覚えた子もいた。

そんな中、私にとって一番印象的だったのが10期の石田亜佑美ちゃんだった。(以下石田ちゃんと呼ばせて頂く)

モーニング娘。’16:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/9c7842af2397a2dd4ae026e08aac7d4f36bd0e7a.jpg

趣味がキャンディクラッシュ!?何という関ジャム向きな…!(関ジャニ∞は女装した「キャンジャニ∞」でキャンディソーダのCMをやっています)

トーク

座りのトークの際、一番印象的だったのが石田ちゃんだった。目を引く、はっきりした顔立ち。物怖じしない喋り。前列のMC寄りというかなり良いポジションにいてお喋りも上手だったので、トークでの中心的メンバーなんだろうなと理解。

反省会

怖いという意見もあったようだが、事前の番宣で『厳しすぎる!』と煽られていたので逆に全然優しいと言うか普通にプロだなと思った。言い方もすごく相手を気遣ってるし、女子の職場ってこうだよねと。真摯に仕事してるんだと好印象。

私が気になったのはこのやり取り。

鞘師「せっかく前にいるんだから、もうちょっとちゃんと踊った方がイイよ」
佐藤「……」
石田「…返事は?」
佐藤「はい」

無言になってしまった佐藤ちゃんに、返事を促す石田ちゃん。こうやって促してくれなかったら双方無言でただ時間が過ぎていくだろうから、これは本当に鞘師・佐藤双方へのフォローになっていると思う。

その後12期を呼び止めて、噛み砕いて話をしているのもとても良かった。

女性ばかりの職種で先輩と後輩に囲まれて仕事をしているが、こうやって具体的に注意をしてくれる存在というのはとても貴重だ。直属の先輩でなければ、そんな事を丁寧に指摘してはくれない。そうやって指導して貰えるのも新人のうちだけだ。怒られて『くっそー!』と思った事も凹んだ事もあったけれど、そうやって注意して貰えたからこそ今の自分があり、後輩に指導できるのだと思う。
できていないところを指摘するのは、エネルギーが要る。相手に好かれようと思ったらスルーしてしまう方がずっと楽だし、指摘してしまえばそれはブーメランとして自分に帰って来る。先輩からの細かな注意は後輩への愛情であり、グループをより良くしようという向上心の表れだと感じた。

私は小劇場が好きでものすごく観に行っていた時期があり、ハロプロ系の子を目にする事も多かったが、アップフロントの教育は凄い。どのタレントさんもお仕事に真摯で、正しく美しい。アイドルとしては厳しすぎるように見えるかもしれないが、ここで身についた礼儀は卒業してからも絶対に役に立つ。ただ"アイドル"として消費するだけではない周りの大人の姿勢が、好ましいと思う。*1

 

セッション

踊れるメンバーは踊れるのだが*2 関ジャニ∞としてはダンスを披露する機会があまりないため、ファンにとっても楽しみなダンスセッション。

本番前の円陣で娘。の皆さんの中に入れて頂いた後、村上と安田が深々とお辞儀をしていた。

とても嬉しかったし、仕事相手として娘。メンバーを尊重できる2人が誇らしかった。

向い側にいた女の子が2人のお辞儀に気付いて、同じように深々とお辞儀を返した。誰だろう?と、確認した。石田ちゃんだった。
たまたま気付きやすい位置にいたからかもしれない。それでも、いち早く気付いてお辞儀を返したのは石田ちゃんだけだった。こういう子だから、トークであの位置にいられるんだなと感銘を受けた。(あまり映ってないけど、小田さくらちゃんもぺこっとしてるかも?)

アングルが切り替わっているので、お辞儀の後の娘。メンバーのリアクションが全て画面に収められているわけではない。軽く頭を下げている子もいる。石田さんの目配り気配りを称賛するものであり、他のメンバーを非難する意図は一切ないという事は明言しておく。

アウトロの∞マークフォーメーションでカメラアピールしていくところも、石田ちゃん&飯窪春菜ちゃんのペアだけが手で∞マークを作っていた。優秀!

ブログ

視聴後、テンションが上がって色々見ているうちに10期のブログに行き着いた。石田ちゃん、関ジャム放送中に更新している!

タイトルを『関ジャム』にしてテレビから流れて来た人の目につきやすくし、コンサートで来ている北海道について書いて地元ファンのテンションを上げ、おちゃめな写真を載せてこういう一面もあるんだよとアピールし、厳しいけれどそれも大事な伝統だとフォローし、自分も努力すると真摯な姿勢を見せ、最後には「全国ツアー中だから遊びに来てくださいね」と日程を載せる。


…アイドルのブログとして完璧やないか。


私は上手に営業・宣伝できる子が大好きだ。
読み終わった私の頭には、『石田亜佑美=できる子』が深く刻まれた。これで18歳…?何者なんだよ。私が18の時、こんなに大人じゃなかった…!18歳って事は、ASAYANオーディションの時にはまだ生まれてないって事!?月日の流れとは恐ろしい。

他の記事も読んだが、すごくしっかりした文章で好印象。日本語もきちんとしていて、キャピキャピしすぎておらず読みやすい。鞘師ちゃんの卒業発表に寄せた文章もとても良かった。
皆さんへ 石田亜佑美|モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba



媚びない視線が格好良い姉御・鞘師里保ちゃん、パートの少ない生田衣梨奈ちゃん、エイターに『やしゅだしゃん』を大流行させた佐藤優樹ちゃん、リバウンドをネタにできる鈴木香音ちゃん。*3
それぞれに気になったが、私にとってのMVPは石田ちゃんだ。

これがきっかけで娘。のファンになるかと言われるとそこまではなかなか難しいけれど、これから歌番組に娘。が出ていれば、私は石田ちゃんを探すだろう。何かのお仕事で見かける機会があったら、『石田ちゃんできる子だから嬉しい』と思うだろう。そのくらい、爪痕を残した。


娘。ファンの方も、これを機にエイターにとまではいかないかもしれないけれど、もしよろしければ関ジャニ∞に興味を持って頂けたり、時々思い出して関ジャムを見て頂けたりすると大変嬉しく思います。
ジャニーズはこういう時にオススメできる公式動画がないのが残念だ。キャンジャニPVとか貼りたいのに…!



追記(11/7)

ファンというほどでは…と言っておきながら、この1週間でどっぷり動画を見たりCDを聴いたりしている(笑)女子アイドルは公式動画がYoutubeで大量に見られて素晴らしいですね…!同じ曲でも、プロモーションver.とダンスver.に分かれてたりするし。

*What is LOVE?(MV)

*What is LOVE?(Dance Shot Ver.)

ダンスver.を見てから関ジャムに戻ると、何をしているかがわかるのでより楽しい。村上君安田君、マジで完コピ。道重さゆみちゃん卒業前なので、関ジャムver.('15 ver.)とは少しパート分けやフォーメーションが違うのもまた楽しい。青い子が石田ちゃんです。

「愛し合って」のパワフルなボーカルに毎回テンション上がっている私に、石田推しとして聴くべき曲・見るべき動画があれば是非御教示ください。(鞘師ちゃんも好き)

 

追記(2/23)

*1:ファンの方々は予想もしない文化があったりはするけど(小劇場にのぼり持ち込んだり、タペストリー首から下げてたり)俺達がこの子を支えていくんだ!という気概に溢れた優しい方が多かった

*2:踊れないメンバーは本当に踊れない

*3:鈴木ちゃん、リバウンドネタのタイミング完璧だけど私は年頃の女の子の容姿をあんな風に弄る事には反対ですよ!本人も辛かろう…