読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

関ジャニ∞担が選ぶ #自担大賞2015

担当定義は人それぞれだと思うが、私の定義だと自分は『関ジャニ∞担』なので全員分を。
(担当=もしも何かが起こった時に、この人だけでも助かって欲しいと思える人。私は"7 or 0"なので、感覚としては『エイト担』)


横山裕:「君だけに」

関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!でのジャニーズメドレー。
「僕はさびしさと ともに生れたよ」の横山君が本当、さびしさとともに生れすぎていた。美しかった。三馬鹿尊い。

キャンジャニでは横子様推しなので、次点で横子様の御活躍にも1票投じたいところ。元気が出るLIVE!!ではすっぴんにも関わらず、異常に美しい。ただの美少女。横子様の顔になりたい。(そもそも横山君の女装顔がものすごく好き)
総選挙1位を狙えるポジションではなく「みんなが上位になれれば私はそれで」みたいな風情の横子様だけど、本当は上位に入れない自分を悔しく思ったり裏でそっと涙したりしていそうなところがたまらない。清く正しいみんなのお姉様と、普通の女の子な部分のギャップに萌える(妄想)
リリアンに入って白薔薇横子様から一度だけ「タイが曲がっていてよ」して頂いたのを胸に生きていきたい人生だった…。*1

「元気が出るCD!!」の初回B北海道旅行で、フリスビーを探し出して来たにもかかわらず仲間に入れて貰えない図もかわいすぎた。お兄ちゃんかわいい。普段はそれほど弄らない安田君まで弄りに参加してるのもかわいい。


渋谷すばる:赤Tバックすば子

9月13日、リサイタルオーラス静岡。まさかのキャンジャニちゃんでバンドだったのはめっっっちゃくちゃ燃えた。女装で「ズッコケ男道」ってわけわからなすぎて最高にパンク。

中でもすば子は、メイクしていない筈なのに異常なほど可愛かった。顔は勿論、シルエットが女子!!脚!ふとももー!!更にスカート翻して赤Tバックを見せつけるというむちゃくちゃ加減が最強。

キャンジャニちゃんはCM・楽曲・MV・ラジオ・Mステ・リサイタル・元気が出るLIVE!!と一連の流れが全てハマっていて本当に楽しかったが、最終的に一番強烈だったのはすば子だった。渋谷すばる(33)の顔面偏差値が高すぎる…。元気が出るLIVEでは打って変わっておっさん全開なのと、それでもシルエットが最強に可愛いところも含めてすば子大勝利。スポーツ新聞に「生パンチラ!」って見出しつけられるジャニーズ最高だろ。(しかも去年はふんどし)

ロッテルダムでの関ジャニ∞Tシャツを着ての歌唱と、ソロツアーは言うまでもなく。渋谷すばるとして関ジャニ∞をまたひとつ引き上げていく姿が、本当に格好良かったし幸せだと思った。エイトをエイターを愛してくれて、それをきちんと伝えてくれてありがとう。


村上信五:「大事なみかん」

1月4日、関ジャニズムツアー福岡公演。DVD初回盤にも収録。

しれっと続けようとする村上君、すかさず弄り倒すよこすば、悪ノリするエイター。全部含めてめちゃめちゃ楽しかった。

私は"関ジャニの村上"より"エイトの信ちゃん"でいる時の村上君が好きなので、こうやって天然出してメンバーに弄られてたり、渋谷さんの言動がツボに入って進行できなくなるほど爆笑しちゃってたり、特に仕切らずふわーっとしてたりするのがいい。元気が出るLIVE!!での「渇いた花」前の松原.MCもものすごく好き。

次点は、関ジャニズム大阪オーラスの「RAGE」イントロで大倉の頭を撫でる手。飼い主とわんこ。

村上君は太ったり痩せたりが少ないし髪型も落ち着いてるし、かなり高いレベルでビジュアルが安定しているのが素晴らしいと思っているが、12月19日の東京ドーム公演では何だか異常なほど格好良かった。札幌で切りたてだった髪がほどよく伸びてきたのも良かったのかも。あのどアップの「俺じゃあかんか?」は何とかして映像に残してほしい…!


丸山隆平:「勝手に仕上がれ」

10月29日レコメンでの初披露。『曲がものすごくツボ→丸山主導でOKAMOTO'Sさんにお願いした→ベースが丸山』の一連の流れで泣いた。ハマさんのツイートを読んでまた泣いた。

9月17日のレコメンで丸山君が「元気が出るCD!!」をインフィニティ・レコーズになってから初めてのアルバムと間違え、どこからがインフィニティかわからなくなると言っていたのが、私はものすごくショックだった。もしこの先エイトから降りる事があるとすれば、きっかけはここだと断言できるくらいの大事件だった。(自主レーベルになって「関ジャニズム」を追求したんじゃなかったのかよ!イズムないじゃん!!)

打ち合わせであまり発言しないというような話もメンバーから出ていたので、まるちゃんのアルバムや関ジャニ∞の活動への関わり方というのはそういうスタンスなのかなと思っていたが、そのまるちゃんが、自分から、『こういう曲をやりたい』と動き、結果めちゃくちゃ格好良い曲が出来上がったという事が本当に嬉しかった。

ベースへの意欲も見ていて楽しいし、何よりスラップがめちゃくちゃ格好良い。幸せ。

他に印象的だったのは、リサイタルに関しての日記。ファンに寄り添おうとしてくれるまるちゃんが好きだ。


安田章大:「HOT LIMIT」ウインク

8月23日放送「関ジャム 完全燃SHOW」でのセッション。死んだ。
セッションそのものも、安田パートもギターもものすごく良かったがこのウインクはヤバい…!

T.M.Revolutionと山田が最高のマッチングで、他にも歌ってほしい曲が溢れている。山田デュエットもしくはソロでこういうのください。

関ジャニズムツアーは安田ポイントが多かった分、元気が出るLIVE!!は『ここ!!』という箇所がそれほどないが、「LOVE&KING」でのダンスは他担にもゴリ押しするレベルで格好良い。あとは安子のバリンタン。今ツアーは正直安田君よりも安子を見ている。(赤髪パーマがハマっていない勢)


錦戸亮:「バナナジュース」プロデュース

「Your WURLITZER」「ビースト!」「アイスクリーム」で近年の錦戸さんのセンスに感嘆していたら、また凄いのが来た。プロデューサーとしての才能が溢れまくっている。

・ウィットに富んだ、かわいらしくもオトナな歌詞
・横山=金管のイメージ定着
・横山&錦戸の2人で歌う意味がある(替えがきかない)
・自分も相手もより良く見せる
・単純に曲として格好良い

ユニット曲として完璧な見せ方。自分も周りも、すごく冷静に客観的に見られる人だと思う。デキるビジネスマン。今後もプロデューサー錦戸に期待。

亮ちゃんとしては横山君に噛みつきつつ弄っているのが好きなので、今年もそういうかわいいところが沢山見られて嬉しかった。


大倉忠義:「元気が出るLIVE!!」ビジュアル

「元気が出るCD!!」特典映像でのビジュアルの酷さに衝撃を受け、『イケメン担当がこれでいいのか関ジャニ∞…!』と思っていたらライブまでには仕上げてきていて感動した。今の髪型めちゃくちゃ良い。二次元。
グッズの写真もすんごいあざと可愛かった。何がどうなったらああなるんだよー!ダイエット法を教えてほしい。切実。

いきなりドッジ(関ジャニ∞クロニクル)での卑劣キャラ定着も面白かったが、11月11日の「ホンマでっかTV」でマカロンの写真を送って来る女友達に対しての『マカロンが目的ではなく、会話を続けたいのかなと思う』という発言が本当…大倉…という感じでとても印象に残っている。実際そうだろうし、そういう女好きそうですよね大倉さん…。


関ジャニ∞:ドリームフェスティバル2015

やっぱり、ここかな。きっちりバンドを全うしているエイトが、ただひたすらに格好良かった。最高だった。ファンになってたった2年くらいとは言え、こうなっていくエイトを体感できているのは幸せだ。今好きになれてよかった。




まだ紅白とカウコンが残っているが、ひとまず2015年の総決算として。

今年は関ジャムとクロニクルいう両極端な冠番組が始まり、それぞれの個人仕事も増えてものすごく忙しい年だったと思う。
音楽も、ダンスも、バラエティも。エイトは色んな事ができるからこそファンからもスタッフからも求められるものの幅が広くて、何をやっても万人を満足させるのはきっと難しい。加えて、良く言えばサービス精神が旺盛・悪く言えば求められるものに応えようとしすぎるところはあると思うので、『自分達がどうしたいか』をもっと主張して貫いてくれたらいいのになと個人的には思っている。

リサイタルの7月26日三重公演(昼)で「関ジャニ∞が更に飛躍するために必要なものは?」という質問に対し、安田・錦戸が「チームワーク」と回答していた。家族的な仲の良さや団結力はエイトの魅力ではあるが、それとは別に、もう少しグループとしての活動のコンセプトや主義主張に関してきちんと話し合いをして見解を統一してほしいと感じる。関ジャニ∞として全員の方向性を定める事が、今後の飛躍には必要ではないかと思う。


数字も、それ以外も。エイトはもっと上に行ける。もっともっと幅広い層に知って貰って、多くの人に愛される事ができるグループだと思う。それだけの力と魅力と、可能性がある。
2016年も満身創痍で邁進してくれる事を願いつつ、ほんの少しでもそのお手伝いができるよう努力したい。

来年もよろしくお願いします!




http://say8888888.hatenablog.com/entry/2015/12/29/022711