オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

はじめての関ジャニ∞~バンド史編~

音楽番組や「関ジャム 完全燃SHOW」、フェスへの出演で"関ジャニ∞がちゃんとバンドをやっている"事が世に知られつつある昨今。バンドとしての関ジャニ∞に興味を持った方のためのバンドエイトをまとめてみました。

公式書籍やインタビューを参照していますが『そもそも公式の年表が間違っている』『本人達の記憶が事実と違う』という話もよく聞くので、何かあれば御指摘ください。

楽曲については原則として"関ジャニ∞"としてCD・DVD発売されたもののみを対象とし、ソロ名義や未商品化曲には言及していません。

(最終更新:2017年6月29日)

 

 

概略


Q. いつから?
A. デビュー前から。
  横山がパーカッション・村上がキーボード固定で全員が楽器演奏をするようになったのは2010年リリースのシングル「LIFE〜目の前の向こうへ〜」から。


Q. 何故バンド?
A. 関ジャニ∞の前身が関西ジャニーズJr.で結成されたバンドだったから。
  メンバーの多くが音楽好き・楽器好きであり、横山・村上はそれに引っ張られるような形で楽器を始めた。


 

パート


横山裕:パーカッション(ボンゴ/ウインドチャイム/ティンパニーetc.)・トランペット

最初の頃は楽器に興味がなくボンゴも殆ど練習していなかったが、2013年に一念発起してトランペットを始める。サックスにしようかと思ったものの、既に錦戸がサックスを持っていたのでスタッフがトランペットを推薦。*1 モチベーションを維持するため、インペリアルレコード(テイチク)のスタッフが一緒に始めて競争相手になってくれた。「楽器を始めて以来、渋谷から参考にとCDを渡され、スタッフも音楽の話をしてくれるようになった」*2 と喜ぶ。
JUKE BOXツアーではソロパートの他に安田のアコースティックギターとのセッションもあり、"メンバーと一緒に音楽をやる"事への喜びに目覚める。


渋谷すばる:メインボーカル・ギター・ブルースハープ

関ジャニ∞は(バンドとして結成されたわけではない)アイドルグループという性質上、ほぼ全ての曲で全員がボーカルを取りソロパートがあるが、バンドとしてのフロントマンは渋谷。甲本ヒロトが神。
横山のトランペット挑戦に影響を受け、映画「味園ユニバース」をきっかけにブルースハープを始める。現在主に使用しているものは、浜松の工場に出向いて作って貰ったオリジナル。

・使用機材
渋谷すばるのギターを調べてみた|好きなコードはEadd9
2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳
渋谷すばるのハーモニカについて調べてみました:2016(画像数点、削除・修正しています) | ∞eight号


村上信五:キーボード・ピアノ・オルガン

渋谷と安田の勧めによりキーボードを始め、2010年関ジャニ∞初のバンド形態シングル「LIFE~目の前の向こうへ~」をきっかけに本格的に楽器と向き合うようになる。
「カヴァ☆コラTV」では八代亜紀平原綾香の伴奏も務め、元気が出るLIVE!!のユニットコーナーでは渋谷とのセッションでピアノを披露した。


丸山隆平:ベース

趣味でギターをやっていたが、Jr.時代にバンドが結成された際「背が高いから」という理由でベースに任命される。あまり乗り気ではない時期や伸び悩んだ時期があったものの、近年はめきめきと上達。2015年にはOKAMOTO'Sのベーシストハマ・オカモトと出会い、"師匠"と慕う。
指弾きが主。

・使用機材
丸山隆平のベース(ギター)を調べてみた|好きなコードはEadd9
2015年の関ジャムで丸山さんが使用したベース - メモ帳


安田章大:ギター

中2の夏、遊びに行った友達の家でZO-3を触り感動。すぐに自分も購入してギターを始める。*3
『好きこそ物の上手なれ』を体現。自宅や楽屋でもギターを弾いている時間が長く、"好き"とセンスがテクニックに繋がっている。
バンマス的な立ち位置で、メインのフレーズやギターソロを担当する事が多い。
丸山が演奏しない「いっこにこにこ」(DVD「十祭」収録)ではベースを担当した。
関ジャニ∞曲・ユニット曲・ソロ曲としての作曲も多数。

・使用機材
安田章大の使用ギターを調べてみた(エレキギター編)|好きなコードはEadd9
安田章大のギターを調べてみた(アコギ編)|好きなコードはEadd9
2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳


錦戸亮:ギター・ブルースハープ・ピアノ・サックス

楽器は勿論、PCを使っての作曲・録音からバンド用アレンジまで何でも器用にこなす凄い能力の持ち主。
ライブで「T.W.L」を歌う際は間奏のブルースハープを吹き、∞祭のライブコーナーでは「Snow White」でピアノを担当。元気が出るLIVE!!ではユニット曲「バナナジュース」でサックスを披露し、横山のトランペットとセッションした。

・使用機材
エイトの楽器|好きなコードはEadd9 -3ページ目
錦戸亮のギターを調べてみた(アコギ編)|好きなコードはEadd9
2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳


大倉忠義:ドラム・太鼓・ギター

安田・丸山の「リズム感がいいからドラムに向いていると思う」という勧めによりドラムを始める。太鼓の達人での快進撃は周知の通り。
2013年にドラムセットを新調。メンバーカラーは緑だが、『青が好きだから』との理由で青のカバーリングとなっている。
∞祭の「Snow White」ではギターを演奏。


 

歴史

・1999年頃
関西Jr.から楽器経験者を集め、全員ギターのバンド「FIVE-WEST」を結成。安田・丸山が参加。その後V.WESTと改名し、メンバーに楽器が割り振られ丸山がベースに任命される。

・2001年頃
V.WESTドラム脱退により大倉に声がかかるが、ダンスがやりたかったため「自分の目指すジャニーズとは違う」と一度断る。

・2002年
舞台「ANOTHER」やレギュラー番組「J3 KANSAI」をきっかけに、現在の関ジャニ∞メンバーが固まり始める。
V.WEST(丸山・安田・内)を活かすバンド演奏のためにはドラムが必要となり、丸山・安田が推薦した大倉がドラムを始め猛練習する。*4
ドラムが認められ、大倉が加入した8人で「関ジャニ8」結成。

・2004年
関ジャニ∞」としてデビュー。
コンサートでは丸山・安田・大倉の3人が演奏する形での楽曲披露も。

・2006年
渋谷のたっての希望で、アルバム「F・T・O」にすばるBAND(渋谷・丸山・安田・大倉)演奏による「ONE」が収録。

・2006年
アルバム「ズッコケ大脱走」初回限定盤Bに、メンバーによるガチンコセッション「いつか、また...。」収録。

・2010年
初のバンド形態シングル「LIFE~目の前の向こうへ~」発売。それまでは丸山・安田・大倉だけが演奏するパターンが多かったが、この曲を機に全員が楽器を持つスタイルが確立される。

・2013年
7月の日本テレビ系「THE MUSIC DAY 音楽のちから」で『カヴァ☆コラTV』というコーナーを担当。全国放送で生演奏を披露し、様々なアーティストとコラボする。
横山、密かにトランペットを始める。JUKE BOXツアー初日にて初披露。

・2014年
年始に前年夏の「カヴァ☆コラTV」が特番化。
渋谷、ブルースハープを始める。DREAM FESTIVAL 2014にて初披露。
アルバム「関ジャニズム」収録「ドヤ顔人生」にて渋谷のブルースハープ演奏が音源化。

・2015年 
5月、テレビ朝日系列にて「関ジャム 完全燃SHOW」開始。ゲストとのセッションが毎週放送される。
初の全員による演奏音源「ズッコケ男道 ~∞イッパツ録り編~」が「前向きスクリーム!」のc/wとして発売。
アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」にはメンバー演奏による初のインスト曲「High Spirits」収録。
DREAM FESTIVAL 2015に参加し、全8曲を全てバンド形態で披露する。

・2017年
METROCK2017で野外ロックフェス初参戦。全10曲をバンドで披露する。


 

バンド形態曲 *5


■シングル

LIFE〜目の前の向こうへ〜(2010年)
イエローパンジーストリート(2011年)
・マイホーム(2011年)
ツブサニコイ(2011年)
・愛でした。(2012年)
・ここにしかない景色(2012年)
・ココロ空モヨウ(2013年)
・言ったじゃないか(2014年)
・強く 強く 強く(2015年)
・侍唄(2015年)
・NOROSHI(2016年)


■アルバム *6

「感謝=∞」
・DREAMIN' BLOOD
・Eden

F・T・O
・ミセテクレ

「ズッコケ大脱走」
・強情にGO!

「PUZZLE」
・ゴリゴリ
・ローリング・コースター
・情熱Party
・413man

「8UPPERS」
・Baby Baby
・BOY
・『って!!!!!!!』(通常盤収録)

「FIGHT」
・宇宙に行ったライオン

「JUKE BOX」
・レスキューレスキュー
・夕闇トレイン
・Your WURLITZER
・West side!!

関ジャニズム」
・ドヤ顔人生

関ジャニ∞の元気が出るCD!!」
High Spirits
・勝手に仕上がれ
・ふりむくわけにはいかないぜ


■c/w *7

・Heavenly Psycho(2005年「大阪レイニーブルース」)
愛に向かって(2007年「ズッコケ男道」)
・BJ(2008年「ワッハッハー」通常盤)
・∞ o'clock 08(2008年「無責任ヒーロー」初回限定盤A)*8
・fuka-fuka Love the Earth(2008年「無責任ヒーロー」初回限定盤B)*9
・ひとつのうた(2009年「急☆上☆Show!!」)
・Hi & high(2011年「ツブサニコイ」通常盤)
・Tokyoholic(2017年「なぐりガキBEAT」通常盤)


■未CD化(DVD収録)

・Fighter(Excite!!)
・SLAVE(Excite!!)
・口笛の向こう(Excite!!/Spirits!!/Heat up!)
・Do you agree?(Spirits!!/Heat up!/47/PUZZLE/8UPPERS/8EST)
→2016年発売「罪と夏」c/wとしてCD化
・STANCE(Spirits!!
・明日(Spirits!!) ※丸山・安田・大倉
・DIVE(Heat up!/8UPPERS)
・いっこにこにこ(十祭)
・ありがとう(十祭)


■非バンド→バンドへのアレンジ

・旅人
2005年「サマースペシャル2005前夜祭」(DVD「Spirits!!」)
2012年「∞祭」(アルバム「8EST」初回限定盤A)

・アメちゃん
2005年「サマースペシャル2005前夜祭」(DVD「Spirits!!」) ※三兄弟+丸山・大倉

・プリン
2005年「サマースペシャル2005前夜祭」(DVD「Spirits!!」) ※三兄弟+丸山・大倉

浪花いろは節
2006「Funky Tokyo Osaka Nagoya」(DVD「Heat up!」)

・∞SAKAおばちゃんROCK
2006「Funky Tokyo Osaka Nagoya」(DVD「Heat up!」)

・オニギシ
2006「Funky Tokyo Osaka Nagoya」(DVD「Heat up!」) ※三兄弟→全員

・413man
2009年「DOME CONCERT 2009-2010」(DVD「COUNTDOWN LIVE 2009-2010」) ※横山ソロ→全員

・Dye D?
2012年「∞祭」(アルバム「8EST」初回限定盤A)

・Snow White
2012年「∞祭」(アルバム「8EST」初回限定盤A)

・パズル
2012年「∞祭」(アルバム「8EST」初回限定盤A)

・Eightopop!!!!!!!
2012年「8EST」(DVD「LIVE TOUR 8EST」)

・ブリュレ
2013年「LIVE TOUR JUKE BOX」(DVD「LIVE TOUR JUKE BOX」)

・ズッコケ男道 ~∞エイトイッパツ録り編~
2015年(シングル「前向きスクリーム!」通常盤)*10

・キング オブ 男!
2015年「DREAM FESTIVAL 2015」

・オモイダマ
2015年「DREAM FESTIVAL 2015」

・Baby Baby
2016年「関ジャニ's エイターテインメント」(DVD「関ジャニ's エイターテインメント」)

・CANDY MY LOVE
2016年「関ジャニ's エイターテインメント」(DVD「関ジャニ's エイターテインメント」)

・I to U
2016年「関ジャニ's エイターテインメント」(DVD「関ジャニ's エイターテインメント」)

・象
2016年「関ジャニ's エイターテインメント」(DVD「関ジャニ's エイターテインメント」)


演奏 音源

・ONE(アルバム「F・T・O」)
渋谷、丸山、安田、大倉がすばるBANDとして演奏。

・いつか、また...。(アルバム「ズッコケ大脱走」初回限定盤B)

・ドヤ顔人生(アルバム「関ジャニズム」)
渋谷がブルースハープで参加。

・ズッコケ男道 ~∞エイトイッパツ録り編~(シングル「前向きスクリーム!」通常盤)
初回限定盤にはイッパツ録り映像を収録したDVDが付属。

High Spirits(アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD! !」)
メンバー演奏によるインスト曲としては、初の音源化。

・勝手に仕上がれ(アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」)
丸山がベース、渋谷がブルースハープでOKAMOTO'Sと共にレコーディング。

・Heavenly Psycho(シングル「侍唄」通常盤)
錦戸による新アレンジ版で7人がそれぞれにレコーディング。

・Do you agree?(シングル「罪と夏」通常盤)
デビュー前からある楽曲の初音源化。渋谷はギターを担当。

・Tokyoholic(シングル「なぐりガキBEAT」通常盤)
作詞・作曲・編曲錦戸亮。完成前セッション映像が「NOROSHI」初回限定盤Aに収録。

・BJ(シングル「なぐりガキBEAT」通常盤)
錦戸による新アレンジ版。

・夢への帰り道(アルバム「ジャム」)
ブルースハープ渋谷すばる

・生きろ(アルバム「ジャム」)
メンバー演奏での収録。

・Traffic(アルバム「ジャム」)
アコースティックギター錦戸亮

・Answer(アルバム「ジャム」)
トランペット・ブルースハープ・ピアノのそれぞれのソロは横山・渋谷・村上。


作詞・作曲・編曲


関ジャニ∞
・fuka-fuka Love the Earth(作詞)
・∞ o'clock 08(作詞)
・∞レンジャー(作詞)
・All is well(作詞)
・元気が出るSONG(作詞・作曲)


横山裕
・みかん(作詞) ※「ユウ」名義
・プリン(作詞) ※「ユウ」名義
・オニギシ(作詞) ※「ユウ」名義
・413man(作詞)
・Kicyu(作詞)
クルトン(作詞)
・狩(仮)(作詞) ※「ヨシャオ族」名義
・ありがとう(作詞)
・ハダカ(作詞)
・Answer(作詞)


渋谷すばる
・ONE(作詞) ※「SUBARU」名義
・琉我(作詞)
・desire(作詞)
・words(作詞)
・Revolver(作詞)
・9号車2番A席(作詞)
・あ(作詞・作曲)
・狩(仮)(作詞) ※「ヨシャオ族」名義
・ありがとう(作詞)
・ゆ(作詞)
・道(作詞)
・韻踏ィニティ(作詞)
・ハダカ(作曲・編曲)
・Answer(作詞・作曲・編曲)
・生きろ(作詞・作曲・編曲)


村上信五
・Forward(作詞) ※「capitao」名義
・YOU CAN SEE(作詞)
・One's shadow(作詞) ※「capitao」名義
・夜な夜な☆ヨーNIGHT(作詞)
・バリンタン(作詞)
・Answer(作詞)


丸山隆平
・MAGIC WORD~僕なりの…~(作詞) ※「HANNYA MAN」名義
・ホシイモノハ(作詞・作曲) ※「M.com」名義
・YOU CAN SEE(作詞)
・ワンシャン・ロンピン(作詞)  ※「HANNYA MAN」名義
・One day in winter(作詞) ※「M.com」名義
・道(作詞)
・夏の恋人(作詞)
・my store ~可能性を秘めた男たち~(作詞・作曲) ※「関ジミ3」名義
・エイト エイター Oh!(作詞)
・ふわふわポムポム(作詞・作曲)


安田章大
・みかん(作曲) ※「チパ」名義
・ミセテクレ(RAP詞)
・ONE(作曲)
・プリン(作曲) ※「チパ」名義
・オニギシ(作曲) ※「チパ」名義
・わたし鏡(作詞・作曲)
・desire(作曲)
アイライロ(作詞・作曲)
・Snow White(作詞・作曲)
・TOPOP(作詞・作曲)
・『って!!!!!!!』(作詞・作曲)
・Eightopop!!!!!!!(作詞・作曲)
・夜な夜な☆ヨーNIGHT(作詞・作曲)
・Dye D?(作詞・作曲)
クルトン(作曲)
・Your WURLITZER(作曲)
・狩(仮)(作詞) ※「ヨシャオ族」名義
・All is well(作曲)
・ありがとう(作詞・作曲)
・アイスクリーム(作詞・作曲)
・ゆ(作曲)
・バリンタン(作曲)
・my store ~可能性を秘めた男たち~(作詞) ※「関ジミ3」名義
・Black of night(作詞・作曲)
・Never Say Never(作詞・作曲)
・JAM LADY(作詞・作曲)


錦戸亮
・stereo(作詞・作曲)
・Half Down(作詞・作曲)
・Snow White(作詞・作曲)
・monologue(作詞・作曲)
・9号車2番A席(作詞・作曲)
スケアクロウ(作詞・作曲)
・いっこにこにこ(作詞・作曲)
・Your WURLITZER(作詞・作曲)
・ビースト!!(作詞)
・おえかき(作詞) ※「りょうちゃん」名義
・アイスクリーム(作詞・作曲)
・バナナジュース(作詞)
・Heavenly Psycho(編曲) ※2015年リアレンジ
・Tokyoholic(作詞・作曲・編曲)
・BJ(編曲) ※2017年リアレンジ
・Traffic(作詞・作曲・編曲)


大倉忠義
・まもりたい(作詞)
・no-no-no(作詞)
・『って!!!!!!!』(作詞)
・夜な夜な☆ヨーNIGHT(作詞)
・狩(仮)(作詞) ※「ヨシャオ族」名義
・ありがとう(作詞)
・my store ~可能性を秘めた男たち~(作詞) ※「関ジミ3」名義


バンドスコア

オフィシャルスコア 関ジャニ∞(エイト) BAND SELECTION (オフィシャル・スコア)

オフィシャルスコア 関ジャニ∞(エイト) BAND SELECTION (オフィシャル・スコア)

オフィシャルスコア 関ジャニ∞(エイト) ピアノセレクション (オフィシャル・スコア)

オフィシャルスコア 関ジャニ∞(エイト) ピアノセレクション (オフィシャル・スコア)



*1:「JUKE BOX TOUR」2013/11/10

*2:「JUKE BOX TOUR」2013/11/10

*3:「Talking Rock!」2016年2月号

*4:期日までにできなければ東京からドラムができるJr.を呼ぶと言われていた

*5:3人以上が楽器を演奏しているオリジナル曲

*6:初披露がバンド形態

*7:初披露がバンド形態

*8:過去にライブで演奏していた曲の音源化。歌詞が変わっており、08 ver.は公演では披露されていない

*9:初回限定盤Aの特典DVDにライブ映像収録

*10:DVD「関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!!」収録