オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

【アンケート結果】3:落ちた瞬間

Q. 関ジャニ∞に落ちた瞬間は?

f:id:say8888888:20170624231733p:plain


バラエティ番組:51人(23.8%)
ライブDVD:46人(21.5%)
音楽番組:31人(14.5%)
現場:25人(11.7%)
いつの間にか:20人(9.3%)
CD:15人(7%)
ネット:14人(6.5%)
周りの人のオススメ:5人(2.3%)
ドラマ:5人(2.3%)
PV:1人(0.5%)
雑誌:1人(0.5%)


●開催年別比較

f:id:say8888888:20170625004242p:plain

今年は「落ちた瞬間」もバラエティが1位。引き寄せて落とすクロニクルが強すぎる…。関ジャニ∞の魅力は勿論、それを理解し引き出してくださるスタッフの皆さんの御尽力あっての結果だなとしみじみ思っております。


 
バラエティ番組

関ジャニ∞クロニクル

・クロニクルを見てすごく元気になれました!!

・クロニクルで見た7人の個性を知り、もっと関ジャニ∞のことを知りたいと思った。

・1番最初に興味を持ってからちょくちょく関ジャニ∞がいるテレビは観てたのですが、落ちるのには5年たってます。たぶん「関ジャニ∞クロニクル」を観てからです。

・「関ジャニ∞クロニクル」の英会話伝言ゲームが面白すぎて落ちました

・いきなりドッジ初回、ボールが落ちてきて滅茶苦茶はしゃぐメンバーを見たとき。あ、これ私の好きなやつだと確信しました。少しジャニーズアレルギー気味だったので我ながらびっくりです

・検索をかけた先に関ジャニクロニクルいきなりドッジがあり、個々の個性が魅力的でそのまま沼にダイブ。

・DVDから結構ハマりつつあったところでクロニクルの動画を見て、グループのわちゃわちゃ感、安田くんの「ケーキの中やぁぁぁぁぁ」で落ちました。

・お正月のクロニクルスペシャルのいきなりドッジでガツーンと

・「言ったじゃないか」「勝手に仕上がれ」でかっこいい!となってもまだいまいちジャニーズというカテゴリーで見ていたのですが、クロニクルのいきなりドッジで腹筋割れそうなくらい笑って、そこで完全に落ちました。お笑い好きとしてもたまらない番組です。

・クロニクルのいきなりドッジとイケメンスポーツで腹筋がつった。

・「関ジャニ∞クロニクル」です。正直前までは関西のノリが少し苦手だったのですが、見てみたら七人が七人ともそれぞれの色を出していて、『あぁ、好きだなこの人達』と思いました。もっと詳細を言うと、イケメンカメラ目線スポーツのあのアイドルなのに気取らない所に惹かれました(笑)

・クロニクルが完全に沼でした。いつの間にかズブズブ嵌っていったのですが、恐らくカメラ目線スポーツからだったかと思います。

・受験期で心身が疲労してたときに、息抜きでイケメンカメラ目線での、妖怪バラ盗み(ヤスくん)を見て笑ってすごく癒されたから。

・クロニクルの「初老」に大爆笑して…気がついたら過去のクロニクル殆ど観てしまっていた。動画漁ってたら曲にもハマって…これまた気がついたら大量にiPhoneに入ってた。

*その他

・ネットで色々調べていた時に「ジャニ勉」を見かけて、あまりの自由さにハマッた

関ジャニ∞気になるなあと思って「関パニ」、クロニクル、「ジャニ勉」を見漁ってドラマとのギャップに沼落ち。その後ライブ映像を見て一生推していくことを誓いました

・「関パニ」が面白すぎて気がついたら色々調べてた

・「関パニ」のすばるくんを見て、こんなに面白い人がジャニーズにいるのか!と、感動したから。
 
*自担落ち

・9/22のヒルナンデス、子役にライバル心を燃やす横山さんを見て

関ジャニの事を全く知らず、横山さんは大人しく2枚目の人だと思っていたのに、少年の様な心を持っていてキュンときた

・横山さんのお顔は元から好きだったが、クロニクルスペシャルで面白いだけじゃなくてかなり弄られる側にいて可愛くて落ちた

横山さんのかわいさに落ちる横山担かわいいな。

関ジャニ∞というより自担になんですけど、「なんでそこで?」って言われそうなんですけど、いきなりドッジでみんなでじゃんけんをしてるときにすばるさんが「大倉のパーの出し方めっちゃきしょいねん」て言ったときに落ちました。「見た目はこんなにかわいいのにそういうことはっきり言っちゃうんだ、、」と、とても魅力的に思えたので。きっとギャップにやられたんでしょうね。

・「関ジャニ'sエイターテインメント」参戦にあたりおすすめしてもらった「関パニ」を見てヒナちゃんのかわいさに落ちました。

・「全開ガール」から錦戸くんが好きだったのですが、クロニクルを見ているうちに丸山くんを自然と目で追うようになり、この人面白いな!あれ?かっこいい!そして色々漁った結果、ギャップにやられました。。。

 
■ライブDVD

・DVDを見たときにジャニーズに耐性がなかったのでキラキラしてる!と感激し落ちました

・クロニクルではあんなに面白いのに、バンドでガンガンやっている姿を見て萌えた。

・まずはビジュアルの良さに落ち、とどめはライブのMCやバラエティでメンバーの兄弟っぽさやつながりの深さ、それぞれの関係性を垣間見たときにハマって抜け出せなくなりました

・本編というより、ライブDVDの特典で落ちました。

・とにかくバンド演奏のクオリティが高かったこと。/自分たちで考えて、ファンの観たいものを発信するタイミングや内容の的確さ。/メンバーの関係性。地元のツレ感。幼馴染み感
にグッときました。


・eighterの子と友達になって「オモイダマ」から少し気になっていることを伝えるとヒャダイン、高橋優さん(2人とも2010年頃から好きでした)の提供楽曲があることを教えてもらい、番組、アルバムを借り、自分でも検索してみる中でヨコヒナのライブ終わりの挨拶を見つけ、鳥肌がたったのがおそらく落ちた瞬間ですが、本格的に好きになったと断言出来るのは大倉パパの親バカツイートです。

バラエティー番組ばかり見ていて、ふとどんな音楽をやっているのか気になり思い切って中古でDVD(「47」初回)を購入。完璧にアイドルしている彼らのギャップにやられました。ダンスにバンド、トークスキル…全てを堪能したあとはもうすでに次のDVD何を購入するか考えていました。あとは個人的にアコギ一本で「わたし鏡」を歌う安田さんを見て、落ちました。シンプルにかっこよかった…

・興味を持って「COUNTDOWN LIVE 2009-2010」のDVDを気軽に買って見たら、「desire」で世界が一変しました。

・ドライブ動画を見たあと、マルちゃんが気になりエイターの友人に「8UPPERS」のDVDを貸してもらい、本格的に落ちた。

・以前からメンバー全員の顔と名前も一致していましたし、Mステでも拝見していましたが、関ジャニ∞に対して前のめりになったところで「8UPPERS」の「浮世踊リビト」の映像を見ました。あんなにひょうきんなおじさんたちがその気になればこんなにかっこよさが爆発するんだ…!!と衝撃を受けると同時に落ちました。

・「EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」の演出と、苦手意識のあった渋谷さんの歌が上手すぎてハマりました。

・最初のライブDVDが「8EST」で、MCは面白くて、バンドはカッコよくて、そして雨にはしゃいで楽しそうで、なんだこの人達は!と目が離せなくなりました。

・「JUKE BOX」を見て素直に好きってなった

・バンド演奏もできることを知り、まずは「JUKE BOX」のBlu-rayを購入。「Your WURLITZER」〜「Eightopop!!!!!!!」までの流れがメチャクチャかっこよくて!一気にファンになりました。

・「JUKE BOX」の「クラゲ」です。ヤスくんが横山くんにアドリブで「クラゲ」の前奏の替え歌を歌ったり、2人背中合わせで演奏する様子に惹き込まれました。
優しい歌声とたどたどしいトランペット、それを見守る会場の人たち...優しい空気に包まれた時にはもうKicyu推しになっていました。


・詳しくは覚えていないのですが、興味を持ってから初めてきちんと全編見たコンサート(十祭)のランキングコーナーやユニットシャッフルで会場が盛り上がったり、MCでメンバーが感極まったりするのを見て、これまでこの人たちがメンバーとファンとどんな風に過ごしてきたのかちゃんと知りたい、と思ったときにはもう落ちてたんだと思います。

・妹の友人がeighterだった為おすすめのライブDVDを貸してくれるよう頼んでくれないかといいその時に貸してくれた「十祭」のDVDで「torn」ヨコヒナ見て落ちました

・「十祭」の山田による「硝子の少年」

・すばりょのキッチュ。りょちゃんの笑顔と、キレッキレダンスに痺れ、100回は見た。(でも担当にはならなかった) ←安田担(笑)

・興味を持ってから初めて見た「関ジャニズム」のMC集。メンバーの仲の良さが伝わってきたのと単純な面白かったので、もっと見てみたいなと過去のDVDを遡っていくことになった。

・『関西の面白い7人』としてクロニクルを見始めて、次第に曲を聞いてみるようになり、姉も引きずり落とし、2人で「関ジャニズム」のDVDを買ってみた。問答無用で落ちました。

・初めてちゃんとDVDを見たのは「関ジャニズム」でした。見てから安田さんがメチャメチャ男前なことに気づいてしまい、我に返ったときには友人に勧められた「JUKE BOX」が手元にありました。元々バンドが好きなのもあって「JUKE BOX」最高以外の感情を失っていました。

・フラフラと立ち寄ったCDショップで「元気が出るLIVE!!」のDVDを発見し、それまで1度も見たことが無かったライブDVDを購入。大倉くんが病気で出られなかった時のオーラスを収録していたとは知らなかったので冒頭でショックを受けつつも、最後の「侍唄」の前にすばるくんが泣きながら「6人だろうが、7人だろうが、8人だろうがそんなのは関係ない。俺たちが関ジャニ∞だ。(すみません、ニュアンスです。)俺たちを信じて欲しい」と言ってる姿を見て完全に落ちた。すばるくんは口下手な印象があったので、泣きながらそう叫ぶ姿にビックリしつつも胸をギュッと掴まれた。それまでジャニーズはただのイケメン集団で、ニコニコお手振りしてるだけの人たちという既成概念が変わったし、この人たちをもっともっと知りたいし見てみたいと思った。割と低評価のライブDVDだと思うが、個人的にはそういうDVDだった。

関ジャニ∞のファンである妹が「元気が出るLIVE!!」のDVDを見ているのを一緒に見ていた時です。大倉くんが不在というメンバーにとってもファンにとっても残念な状況だと思いますが、それでも6人で最後まで作り上げ、所々で大倉くんに関連するパフォーマンスをしているのを見て「なんてすごいグループなんだ!!」と感動しました。

*自担落ち

・「元気が出るCD!!」の特典DVDに食い付いたことにより過去のライブDVDを借りることとなり、「十祭」で「torn」を披露する横山さんにズドンと落ちました。

・見せられたのが「関ジャニズム」だったのですが、「アダムとイヴ」で完全に落ちました。ヒルナンデスのよく喋る人だと思ってたけど、あれ、ちょっとカッコよくない…??

・「JUKE BOX」「十祭」とライブDVDを買い、3つ目に買った「関ジャニズム」の「フローズンマルガリータ」ですばるくんに完全に落ちました。

・丸のベース

・「JUKE BOX」のライブDVDの「ブリュレ」です。かっこよくて色気があふれでてる丸ちゃんに落ちました。

・ライブDVDを観て丸山さんのベースに惚れた。自分もやってるのでベース弾きながらハモリもやるとかすごいと思った。

・ライブDVDを見ていた時に自担が休む間も無く素敵な笑顔でファンサをしていて、あまりにもその光景が素晴らしく落ちた

関ジャニ∞に興味を持ち、eighterの友人にCDやライブDVDを借りまくりました。ギターを弾いている安田くんを見て呆気なく落ちました。

・「関ジャニズム」の「アイライロ」を観た時

 
■音楽番組

バラエティとパフォーマンスしてる際のギャップにやられました。

・クロニクルであんなに面白かったのにこんなに楽器ができてしかも生歌生演奏!!!というギャップにやられました

・クリスマスのMステスーパライブ「前向きスクリーム」の丸ちゃんのビジュアル、笑顔、後ろ向きスクリーム(笑)に落ちました。悶絶しながら何回も何回も録画を見まくりました!

・Mステの「罪と夏」2週目を観てエイトの全力のわちゃわちゃ感がとても良くて好きになった。

・「罪と夏」のやすばの可愛さに心臓もぎ取られました

・Mステで「罪と夏」を聴いて、歌の良さとハモりに衝撃を受け、その後の夏の音楽番組で「罪と夏」を聴く度に沼が深くなりました。

・「NORISHI」の動画を見た時に、音が本格的でこんなにもいい音が出せて、バラエティでのギャップに惚れてしまいました。

・「NOROSHI」のバンド演奏

・どこかの音楽番組で「NOROSHI」をバンド編成で歌ってるのを見て、完全に落ちました

・「NOROSHI」の和服と丸ちゃんのイントロのベース

・関ジャムです。昔のラジオ番組(聞くジャニだったかと思います)で自分が選曲するコーナーがあって、音楽が好きなんだなぁと思っていましたが、バンドをやっている姿や音楽に向き合う姿勢が素敵だと感じますし、長時間の歌番組でイロモノ枠はそろそろ…と思ってしまいます。充分にかっこいいので。もちろんバラエティでのわちゃわちゃも大好きですよ!

・関ジャムで「つけまつける」を踊っている丸山くんを見て、ダンスの感じが私の好みで、よく見ると顔も好みだったので一気に好きになりました。

・関ジャムの「大阪LOVER」を歌ったすばるくんを見て。

・関ジャムのセッションでのすばる。透明感のある歌声とブルースハープと、歌い終わったあとの笑顔に恋に落ちる音がしました。
でも今はすばるの歌声だけでなく、グループでのハモリやバンドとしてのグルーヴ感、バラエティーでの瞬発力や団体芸すべてが好きになり、立派な箱推しです。

・関ジャムで「ファッションモンスター」見て落ちました🎵村上くんと大倉くんのダンスがかっこいい💖

・関ジャムのbacknumberさんゲスト回(2015/12/6)でケンカする渋谷さんと大倉さんを見て

・関ジャム1/22放送回で「Black of night」を見て村上さんのダンスが好みすぎて衝撃的でした。「月曜から夜ふかし」含むバラエティでは拝見していたイメージとはまったく違うしなやかでやわらかいダンスでもともとあったジャニーズ自体のイメージとも異なったのでどういうことかと思い、そこから本格的にいろいろ調べ始めました。

・いきなりドッジやってたアホな(褒めてる)人たちがめちゃカッコよく歌いながら踊ってる…(関ジャムの「Black of night」)

・(ザ少年倶楽部 プレミアム)関ジャニ'sエイターテインメントで「ローリングコースター」をやり直すシーンでやすくんが『頭だけかいな』と呟くシーン

・落ち込んでたときにテレビで「LIFE~目の前の向こうへ~」を歌ってた。(ファンになる前からLIFEは好き)その時のメンバーの笑顔にやられました。普段あまりテレビは観ないし、あのときLIFEを選曲したスタッフ?メンバー?に感謝です。

*自担落ち

・(クロニクルの)村上さん安田さんのやつのイリュージョンのやつがきっかけでもっと見てみたいと思い動画を見てたら夢に横山さんが出てきたため落ちました。

 
■現場

・もともと関ジャニ∞に興味があり友達にライブ連れてってもらったらドはまりした

・会場が突然盛り上がって、え、なんだ?なんだ?と思っていたらちょうど自分の下あたりから7人の頭が見えた瞬間に涙がこぼれた

・ライブでバンド曲を聞いた瞬間、ズキューンってなりました。

・テレビで見てるのとちがかった!!私が知ってる関ジャニじゃなかった!すごい!かっこいい!

・笑えて、かっこよくて、凄い人なのはもちろん。何より歌と演奏が力強くて落ちました。

・口パクだと思っていたのに始めからめっちゃ熱の篭った生歌で、生歌至上主義のハロオタは気がついたら落ちてました。

・バンドの迫力に衝撃を受け、歌の上手さに衝撃を受け、スタッフにも変わらない優しさと、裏表のなさ、何よりも、本当に楽しんで仕事をされているのがこちらにも伝わるところに心を打たれました。ツアーが終わるころにはすっかりファンになっていました。 ←「関ジャニ'sエイターテインメント」ツアースタッフの方

・エイターの妹のおかげで運良く2016年のリサイタル(真夏の俺らは罪なヤツ)に参戦。肉眼で顔まで見えるかなりの良席だったのもあり、間近でみるメンバーはテレビでみるよりかっこよくて、スタイルもいいし、ファンサとはこのことか!とアイドルのコンサートに感動しました(笑)
テレビでのお笑いグループのイメージは払拭され、アイドルやってる関ジャニ∞にやられました、、、!
冬コン(関ジャニ'sエイターテインメント)の発表もあり、帰ってすぐにファンクラブ入会、冬のドームツアーにも参戦し、見事に沼に落ちました。


・いとこに2016年冬のドームコンサート(関ジャニ'sエイターテインメント)に連れてってもらいました。バラエティー番組のイメージが強かったのですが、楽器を演奏し、ガシガシ踊っているのを見て落ちました。

・アルバムとライブDVD、バラエティをひととおり勉強した後に友人に連れて行ってもらった「関ジャニ'sエイターテインメント」の「NOROSHI」がとにかくかっこよく…

*自担落ち

横山裕が想像以上にかっこよかった

・「象」のヤスくんに落ちました。それまでは安田くんはないかなと思ってたのに。

・「関ジャニ'sエイターテインメント」東京公演に参加して、安田くんの「象」のソロの瞬間に堕ちました。安田くんが放った矢が自分の心につき刺さる!という漫画のような表現を、まさか自分が体験するとは思いませんでした…。実際、矢というより、ライフルなみの威力でした。理性ふっとびました!なんなんですか、あの人ー!初めて参加したライヴで、安田くんがTVよりもずっとキラキラふりまきながら前半歌っていたのも堕ちる原因ですが、「象」のギターと歌声と、すばるくんとのダブルボーカルは本当にすごかったです!!!!!!!

 
■いつの間にか

・急にエイトのことについて調べ始め、知っていくうちにどんどん好きになり、2月放送のいきなりドッジを見たときには完全にハマっていた。

関ジャニ∞の番組や曲を見ているうちにあ、好きだと直感的に思いました

・覚えてないけどしっくりきた

・ジャニーズ自体あまり好きではなく、関ジャニ∞の存在は知ってはいたけれども全く興味も関心も惹かれませんでした。たまたまtwitterで「Hevenly Psycho」を聞いて曲を気に入り、その次に「関ジャニ∞クロニクル」の存在も知りました。バラエティ番組や純粋に面白いものが好きだったので、「ジャニーズ」という色眼鏡なしに「関ジャニ∞クロニクル」の面白さを受け入れられました。
 ちょっとした表情や言動から「あんまり仲良くない感じだな」「気を遣ってるな」と感じるほど細かいところが見えてしまうタチでしたが、関ジャニ∞にはそれらがほとんど感じられず、友達や親友以上のように感じるメンバーの関係性にこちらも安心して見ていられるので、そこからどんどんCDを聴いたりDVDを見たりして関ジャニ∞に惹かれていきました。


・本当に、少し踏み込んだら、落ちました。

*自担落ち

・横山さんの画像を見てはニヤニヤしている自分に気づいたとき

・丸山くんがかっこよすぎたんです。

 
■CD

・レンタルショップで(「月曜から夜ふかし」で)名前だけは知っていた関ジャニ∞の「JUKE BOX」をなにげなく借りて聴いていくうちに一気にファンになりました

・2015年の12月、TOKIOの長瀬くんが楽曲提供した曲を聴くために、前々から気になっていた「関ジャニズム」をレンタルしました。家まで待てずに帰りの車で『ドヤ顔人生』を聞き、他の曲も聴いていたら、『象』に惹きつけられ何度も聞くように…誰がどの声かわからないけど、「このフレーズが好き」という部分を友達に聞き、大倉くんと判明。その歌声を聴くためにヘビロテするようになりました。
初めは「嵐もキンキもTOKIOほど楽曲を聞き込んでハマったことないし、関ジャニもそんな感じでしょ。しかし、バンドもしてるけど、それ以外の曲はテレビの印象よりアイドルっぽい曲歌ってるな」って印象だったのですが、『三十路少年』を聞き、「うちらおっさんやん!」ってアイドルが歌ってる!!??と衝撃を受けて、丸山担の友人に「ライブでこの曲を歌ってるところをみたい」と話すと、トントン拍子にライブDVD観賞会をすることになりました。


・村上くんが作詞した「バリンタン」を仕事で失敗して帰り道に聞いた時、こんな深い歌を作れる素敵なグループを追っかけたいと思い

・「罪と夏」PVのメンバーの可愛さと良い意味でのやかましさに落ちました

・元々バンドに興味があったので「NOROSHI」がかっこよくて

・元々バンギャなのもありバンド形態の「NOROSHI」がドストライクでした

・「Black of night」がかっこよくて、何度も何度も何度も聴いてるうちに、声や音が聞き分けられるようになり、ハモりにしろ曲の構成にしろ、面白い作りになってて、それからどっぷり。

・「Tokyoholic」を聞いて

・当時、ずっと意識のなかった母の付き添いで泊まり込んでいた病院で、「元気を出して」と「君がいないから」のすばちゃんの優しい歌声に慰められ支えになりました。

*自担落ち

・関ジャムで「Black of night」を披露した翌日にMV目当てで「NOROSHI」初回Bを買い、曲もダンスもかっこいいしメンバー作詞作曲ってすごい…!と思っていたらメイキングの丸山さんのウインクに撃ち抜かれました。
その後はとにかくCDやDVDを集めたり、昔のエピソードを調べたり、雑誌を中古で集めたり…していたら、山田にハマって今に至ります。

 
■ネット

・いろいろ調べているうちにいつの間にか気になる存在に

・「罪と夏」を好きになって関ジャニが気になって調べたり見てたりしたらそうそう落ちました(笑)

・元々ハロオタだったので、札幌の娘。ヲタとエイターさんの話をネットで見て、更に安田くんが「What is LOVE?」をワンフレーズ踊ってくれたとの情報を見て、なんて素晴らしい人なんだと思い、自分も無性にライブに行きたくなり、気づいたらチケットを手に入れていた。

・自分語りですが…現在は関東住まいですが大阪出身大阪育ち。もともと関ジャニ∞はヨコ、ヒナ、亮ちゃんをなんとなく知っているぐらいながら全く興味なく。すばるさんの映画をきっかけにしっかり認識したグループの存在。動画サイトをあさる中で関西の男の子たちが力いっぱい歌い、踊り、喋り、笑わせるのを見て懐かしさを覚え、見ていてこんなに笑って泣いてときめいて、感情がグルグル回ることも初めてで一瞬で落ちました。

・たまたま関ジャムが始まった日にテレ朝をつけていて、その流れで新番組かあー、と思って観ていると以外と面白く、それまでちゃんと聴かず良いと思っていなかった渋谷さんの声が女性の曲に合っていてええなあと思っていたらたまたま次の週も観て、やっぱり良くて毎週録画するようになりました。一年位経って、録画していた6月終わりのMステを編集していた所、「罪と夏」が妙に気になり何度か繰り返し観ているうちに、苦手なはずのダンスを一生懸命覚えようとしている自分がいて、イラついていたことも相まって次の日もあるのに夜中の3時くらいまで3時間くらい躍り狂っていました。指をさしてくる渋谷さんがめちゃめちゃかっこよかったです。ORANGE RANGE全盛期時代に中学生だったこともあり、ああいうタイプの曲に少し懐かしさを感じたのもあったかもしれません。それから、せっかくなんか元気もらったしな~と思い、「罪と夏」だけ!とCDを買う気になり、ダンス楽しかったしなんか他に関ジャニ∞の出てるの録画あったかなあと漁って観たり。それから録画整理をした時、丸山さんの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」を保存していたのを観て、ジャニーズにこんな歌い方できる人いたんだ!と(今となっては失礼な言い方なのですが、この時のギリファンじゃないジャニーズ=嵐やSMAPのようなダンスのエンターテイメントの人達、という一般からの感想です)やっとびっくりして、他の残していたセッションを観て、安田くんと丸ちゃんの西川さんとのやつめっちゃ上手い!とか、ラルクアツい!と思って何回も観ているうちに、ハマっていきました。また、丸山さんには声でやられたのですが、よく見たら顔もタイプ!と思ったのもあります。よく考えると、稲葉さんに似ていると言われるので顔はタイプで不思議はないのですが。
でも、最終的に落ちたのは、関ジャニ∞きっかけじゃない可能性があります(笑)なぜか録画していたその年のカウコンを観ていると、亀梨くんが余りにもかっこよくて、どこかでジャニーズ、アイドル、というジャンルにハマりたくないと思っていた自分がいたのですが、思わず「もういいよ、分かったよ、負けたよ、、笑」と呟いたのを覚えています。
それからはもう吹っ切れて、とりあえず売っているCDを買い、「罪と夏」を買い、CDを買うとくじがひけるというのが新鮮で、(B'zも何回かありましたが、学生の時から好きでお金がなかったので重視していませんでした。)調子に乗って昼休みに何日も通って何度もくじを引き、最後に残っていた丸山さんの賞を当てた時にもうハマるしかないわな、と諦めてニヤニヤしながら職場に戻りました。
すみません、すごく長くなりましたが、これが落ちたきっかけ、というか過程です。一年くらいかけて口説き落とされた気分です。 ジャニオタになる決意を固め、ジャニオタの友達にカミングアウトしましたが、学生時代まで正直ジャニーズなんて、という節があった自分がまさか落ちるとは自分も周囲も思っていなかったので、驚いています。しかも回りにファンがいた学生時代ではなく今更ですし。


 
■周りの人のオススメ

・友人に「Fight for the Eight」のすばるくんを見せてもらったときです。

・従兄弟に2日間ずっと関ジャニ∞のDVD(主に録画 Rの法則や紅白など)を見せられて、いつの間にか、メンバー仲の良さと面白さに惹かれて好きになっていた。

 
■PV

・(「TAKOYAKI in my heart」MV)私の中での関ジャニ∞という固定概念をちゃぶ台のようにひっくり返されました。何が起こったのか把握するまで1週間かかりました。

 
■雑誌

・信じてもらえないかも知れませんが(偶然見かけた雑誌の偶然開いたページに偶然いた横山さんと)目があったような気がして、その瞬間「私、この人を応援しなきゃ…!!」とまだ名前も知らなかった横山さんに対して思ったのは本当の話です

大丈夫です、信じます!横山担毎年きっかけが面白い人いる。やはり圧倒的美しさがそうさせるのか…。
この方に限らず、『そこ!?』みたいなのが人それぞれで面白かったりするのでこの項目好きです。