読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクト。

新規による関ジャニ∞備忘録。 良い事もそうでない事も。

【アンケート結果】2:きっかけ

アンケート

Q. 関ジャニ∞に興味を持ったきっかけは?

関ジャニ∞に興味を持ったきっかけ
バラエティ番組:78人(23.9%)
音楽番組:55人(16.9%)
周りのオススメ:53人(16.3%)
ドラマ:38人(11.7%)
現場[ライブ/舞台/番協等]:23人(7.1%)
その他:19人(5.8%)
雑誌:16人(4.9%)
ライブDVD:13人(4.0%)
ネット:11人(3.4%)
ラジオ:11人(3.4%)
CD:7人(2.1%)
アニメ:2人(0.6%)

新規とはまたガラッと違った結果に。大半がテレビですね。
新規では1%だった『雑誌』が4.9%なんですが、殆どが「他のグループ目当てや習慣で買ったアイドル誌」との回答でした。ドル誌卒業前ならでは。


■バラエティ番組 78人

・関西の番組、「ちちんぷいぷい」の今日のだれ?というコーナーで、当時、お昼のドラマの「ドレミソラ」に出演していた内博貴を紹介したことで、関ジャニ∞を知ったことから。

・なるともによく出ているのを見て。

・大倉くんの太鼓の達人

関ジャニ∞が出ていためちゃいけを見る機会があり、以降CDショップで見かけるたびに気になる存在になりました。

8時だJのコーナーで横山、渋谷、村上(所謂三馬鹿)がふざけてコントのようなトークをしていて、面白すぎて虜になった。

8時だJ世代ということもあり、錦戸くんがもともと好きでドラマをよく見てたが、たまに、深夜のスカJに遭遇し関ジャニに興味を持つように。

・たまたま、ひみつの嵐ちゃんで、8UPPERSの宣伝をしているのを見て、おもしろいかっこいいにいちゃんたちの、アルバムがなんだか意外にもクール路線なのが気になったのがきっかけです

帰れま10で、お腹がいっぱいで苦しんでいるすばるくんを見たとき

・2011年の24時間テレビの際に番宣でたくさん日テレの番組に出てるのを見て前から嵐との共演も多く気になっていたのでさらに興味を持ちました!村上くんかっこいい!!!!って思いました!

・ジャニーズに全く興味もなく、どちらかといえば敵意に近いものを感じていたのですが(カッコだけのお兄ちゃんがチャラチャラ愛想を振りまいていると思ってました)嵐の曲が好きで聞いているうちに興味を持ち、それがきっかけで24時間テレビの番宣で「嵐にしやがれ」に出ているエイトを見ました。ガツガツしてて、なんか面白い。私が以前勝手に思っていたジャニーズ像を砕く勢いがあって、いいなと感じそのあたりから興味を持ちました。嵐オタの同僚が、以前コンサートに行ったら面白かったよと話をしていたのもきっかけなのかもしれません。

・もともとは嵐ファンで、嵐の番組ひみつの嵐ちゃんのマネキンコーナーに関ジャニが出た事がきっかけです。安田くんの独特のファッションセンスに、関ジャニだったら安田くんがいいと感じました。

・姉と嵐目的で見ていた”USOジャパン”に調査員で三馬鹿が出ていて、面白いと思って。

関ジャニ∞がJr.時代に出演していた「8時だJ」をきっかけに関ジャニ∞メンバーに興味を持ったところからです。

・元々ジャニオタでしたが、たまたま見かけた「ほんじゃに」が面白く、エンディングに流れていた内くんの「Master Key」を聴き衝撃を受け、来週も見ようと思ったのが始まりでした。(毎週エンディング曲が変わるとは知らなかったです)

・週刊V.WESTやほんじゃにを見てこの人たち面白いなと思った。

・DEROに出ていたヒナちゃんの頭の回転の良さに、この可愛くてイケメンで頭の良い子は誰なんだ?と興味を持ったのがきっかけ。

・ダイダマンの女の子の部屋を掃除する回を視て。前から面白いとは思ってたけど心の底から笑ったので。

8時だJで錦戸くんのことを好きになり、NEWSのデビューをきっかけに関ジャニのことも知り、裏ジャニを見ていました。

・当時、大阪から上京し仕事が辛く病んでいた時期に、深夜15分ほどの短い番組でイケメンアイドルが体当たりでドがつくほどのバライティをこなす番組を観て、なんてオモロイ兄ちゃん達なんやろうと惹かれました。関西弁に飢えていたこともあり、すぐネットを漁り知れば知るほど奥が深く、好きになっていきました。

はなまるカフェ出演の村上君を見て。それまではうるさいグループだとしか思ってなかったのが、村上君を見てしっかりしてるんだなと感心して。

・元々嵐が好きだったこともあって嵐にしやがれを毎週観ていたら、その年の24時間のパーソナリティーが関ジャニ∞だったのでゲストで出演していた。

・ごくせんきっかけでオタというほどではなくともジャニーズがすきだったところに、エイターの友人からほんじゃにやスカ☆Jを勧められたから。

・元々ジャニ勉を観ていて好感触でした。

・「ジャニ勉」と「レコメン」を普段から見たり聞いていて、関ジャニ∞の詳細を当時ファンである友人に聞いた事がきっかけ。

・関西ローカルでやっていた「Kanjani Knight」という番組がきっかけです。

・グループに興味を持ったのは2011年の年始にやっていた関∞ピースを見て、です。そのときまではまだ横山、村上、渋谷しか知らなかったのですが、この番組を見て全員を覚えました。ただただエイト7人が好きになりました。冒険ジャパンもエイトだと認識する前から見ていて気になっていたと思います。

・お笑い好きでいろんなバラエティを録って見てるけど、ちょうど学生時代いちばん暇な年に夜ふかしが始まって、村上ってこんなにおもしろかったっけ?っていうのがきっかけです。

・USOで見た錦戸くんに興味を持ちMステのいろはですばるくんの存在感にひかれました。

・結婚→妊娠→暇になったのでテレビをよく見るようになり、花男から嵐の番組を見るようになって、暇な時間はネットで動画あさり。関連動画のエイトを見たら…とにかく面白い!

・元々関ジャニ∞の存在は知っていたのですが、名前と顔も一致しない程度でした。何の番組かは忘れてしまったのですが、まるで芸人さんのようなトークを展開するメンバーに、本当にジャニーズなの?面白すぎない?と思ったのが興味を持ったきっかけです。

・「王様のブランチ」で「wonderful world」の宣伝をしている彼らの軽快なトークにお腹を抱えて笑ったことがきっかけです。特に、ドラマの影響で冷酷なイメージだった横山さんがバリバリの関西弁でポンポンと言葉を放つ姿が衝撃的で気になる存在となりました。

・姉がラジオをきっかけにエイトを好きになり番組の録画を始め、その録画した「ほんじゃに!」を一緒に見たこと

・お友だちが好きで、『裏ジャニ』というテレ東のレギュラー番組を教えてもらい、なんとなく観はじめたのがきっかけです。

・2011年ごろ、関ジャニ∞が好きな子に8UPPERSのライブDVDをみせられる→関ジャニ∞の存在を知る→全開ガールの番宣で錦戸くんがテレビに出ているのを見かける(ネプリーグ)→雑学の知識を持っていることを知りクールな印象を持つ→24時間テレビの番宣で関ジャニ∞を見かける→クールな印象の錦戸くんが笑っているところをみてこんなに笑うのかと意外な印象を持つ→口数の少ない錦戸くんに謎が生まれ、どんな人か気になる→ネット(Wikipediaやファンの方のブログ)で調べる→関ジャニ∞の存在を知る

・エイトレンジャー公開の時期に出演していたほんまでっかと嵐にしやがれを見て丸山くん可愛いと思ったのがきっかけ。

・嵐の番組のマンネリ化で面白いバラエティ番組に飢えている時に、たまたま動画サイトで見つけたジャニ勉を見て面白い!!と思った所が入り口です

・スカJの保護眼鏡姿の安田くんを見てこの子ジャニーズなんだと思ったこと

・日曜の朝の冒険マップを見て感じが悪いと思っていたすばるくんがおばちゃんに人懐っこく接してるのを見て見方が変わり、よい子達だなぁと。その後一回目の24時間の村上さんの涙を見て一気に落ちました。

月曜から夜ふかしで村上くん面白いなぁと思っていたら渋谷担の友達がPUZZLEコンサート(ドッキリ編)を貸してくれて楽曲・コンサート・村上くんに興味を持った。

J3の番組がきっかけで、エイトを知りその後少年倶楽部でファンになりました。

・私は一人っ子で両親も共働きだったので、家に帰ってきたらすぐテレビをつけて暇つぶしをするような小学生でした。「なんか面白い番組ないかな」とチャンネルを回していたら、偶然Canジャニがやっていて、バラエティー番組が好きだった私は「この番組すごく面白い!!」と思って毎週録画して見るようになりました。すごくわかりやすいタイトルにも関わらず、この面白い人たちが関ジャニ∞ということにも気づかず、かっこいいなとも特に思っていませんでした。見始めて3週くらい経った時にはっと「この人たちが関ジャニ∞か!!?」と気づいて「こんなに面白いんならファンになろう」とあまり深く考えずに追いかけ始めたという感じです。

・関西ロ―カルの深夜番組で年上組が同期数人で出演しているのを見てから(入所直後ぐらい?)

・97年頃に放送していた「Kanjani Knight」という番組で彼ら(横渋村)のことを知りました。「関西ジャニーズって!?」という衝撃とともに気になり、毎週見るようになりました。ちょっとやんちゃな10代の男の子たちが、わちゃわちゃしているのが、当時20代(後半)疲れたOLだった私にはとても新鮮で、おまけにとてもかわいくて。今ほどまだJr.を愛でる年上女の存在が認知されていない頃でしたから、それは誰にも言えない密やかな趣味でした(笑)

関西テレビ「ほんじゃに」を見て興味を持ち、歌を聞いて演奏を見てファンになった。

・大倉くんがダンス甲子園でネジぶっとんでる!とTwitterで話題になっていたのを見かけて。

・47都道府県ツアーのDVDの売上についてのワイドショーを偶然観て、その年のクリスマスプレゼントに47初回盤を買ってもらったことがきっかけ。元々これといってハマった音楽も無く、言うなれば無趣味の状態からジャニヲタに足を踏み入れた。

・当時47を周っていてワイドショーでも取り上げられるとこが多く、いつも楽しそうで面白かったので気になりだしました。


■音楽番組 55人

・音楽番組でソロで歌っていた渋谷すばるの歌声に感動して、関ジャニの楽曲を聴き漁るようになった。

・Jr.の頃から見ていた同い年の三馬鹿がついにデビューしたんだな!と応援したくなった。ちっちゃかった錦戸くんが大人になった姿を見たせい。

・音楽番組を観ていた姉から、好きそうなタイプじゃない?と言われて観たら、どんぴしゃで、そこから興味を持ち深みにはまる。

・確かMステクリスマススペシャルだったと思います。エイトが歌い終わった後、丸ちゃんがパーン!みたいな、なんかふざけてみんなを笑わせていたんですけど、それを見た瞬間に「関ジャニ∞って面白いかも!」と思い、興味を持ちました。もともとKAT-TUNが好きだったので、正反対なグループだったというのも大きいのかと。

・バンド目当てで見ていた音楽番組でたまたま関ジャニ∞を見たこと。一人だけ歌が上手い人いるなぁと。

・おそらくMステかなにかを見て、かっこおもしろいな~と。三馬鹿亮ちゃんは認識してた(8Jは見ていた)ので、こんなんになったんだ!と思ってました。

・当時NEWSが好きで、亮ちゃんが出てるからと関ジャニ∞が出演していたミュージックフェアを見た時に、好きになった。

・子育てが少し楽になって、ちょっと自由な時間が出来た頃テレビなどで見て、ジャニーズぽくないな(笑)でも、いい声してるなぁいい歌だなぁと思い、シングルはレンタルはしてた。あ、子供が忍たま見てて、エンディングもよく歌ってましたね(^^)

・一人暮らしを始めてまだテレビが家になかったとき(パソコンは持ってた)、動画サイトを漁りまくってて、たまたまトークを含めた音楽番組を拝見し、興味を持った。

・TVに映った大倉忠義相葉雅紀を見間違えて(当時、相葉担でした)そこから大倉忠義に興味を持ったのがきっかけでした。

・音楽番組を見て、昔よくお昼の光一くんの番組で見ていた横山くん村上くんすばるくんがデビューしたと知り、ああついにデビューできたんだ…!と思っていました。そこから本格的に興味を持つまでは5年かかりました…。

・ジャニーズはマッチ始まりで茶の間でした。カウコンも毎年観ていて、09-10の時エイトレンジャー衣装でOneLoveを歌っているのを観て興味を持ちました。

・友人から勧められたのもありましたが、それより以前にMステで披露した浪花いろは節のエンヤコラセェーノドッコイセェのインパクトやトーク部分でガンガン飛ぶ関西弁、強烈なキャラが頭から離れず、そこから徐々に気になりだし活動を追いかける様になりました。(地方民だった為TV出演があればそれを見る程度。)そうしているうちに、いつの間にかガッツリハマってしまった、と言うパターンです。

・2005/3/7のHEY!HEY!HEY!大阪レイニーブルース

・明確にこの番組というのはないのですが特にあげるとしたらHEY3出演時のトークです。初登場回などをたまたま見ていて、関西の面白い子たちという漠然とした好感を持っていました。ただ当時の自分はSMAPがかろうじて全員わかる程度でジャニーズというものがすごく遠い存在だったので、特に自分から調べるなどはせずそのまま数年経ったのちにガツンとハマりました。

大阪レイニーブルース発売時のHEYHEYHEYを見た時。元々ジュニア黄金期の8時だJとか見まくってた世代なので、内くんと大倉以外の顔と名前は最初から知っていました。

・Mステで好きやねんを観て「ジャニーズっぽくなくて面白そう」と興味を持った

・ジャニオタになる前からUSOジャパンや8時だJ等で3馬鹿は知っていました。2005年好きやねん、大阪でのMステ出演時に3馬鹿がデビューしていたことを知り、それからは底なし沼です。

・元々Jr.時代にすばるくんがかっこいいと思っていて、その後好きやねん、大阪がロングヒットした頃、スカパーで長い間流れていたのを見て曲が好きになった。またその時にあんまりかっこ良くないなっていう人が1人もいないなと思ったこと。

・オバロックで音楽番組に出演していた関ジャニ∞を見て気になりだした。(もともとNEWSが好きだったのでy&jとして認識もあった。ただ、当時はなんとなくしか名前などはわからなかった)

・イッツマイソウルをみて良い曲!って思って!それまでは変な曲歌う人達というイメージしかなかった

・イッツマイソウルと歌姫が重なっていた頃大倉くんがかっこ良くて好きになった。
・錦戸さんなどは以前からしっていたのですが、イッツマイソウルのときのMステ・HEY HEY HEYを見て。

・テレビから流れてきたワッハッハーを聞いていい歌だと思って、追いかけ始めた。

・年末歌番組で 急上昇を歌っていたエイトを見て、アイドルスマイルでは無く 本当にその場を楽しんでいる笑顔でパフォーマンスしていた事が印象に残り、そこからズルズルとハマっていきました。

・8月20日のMステのLIFE

・たまたま2011年4月に観たTWLを披露したMステ。「なんて楽しそうに歌う人達だろう」と、引き込まれるようなあの高揚感は忘れられません。そして同時期に観始めたジャニ勉。仲の良さといつでも楽しそうな彼らを見ると救われるような思いでした。恋とかそういう感覚とは別のときめきを感じました。

・2012年末の紅白歌合戦です。嵐ファンであった為、バーターでよく一緒に出演していたことや、私が拝見していた嵐ファンのブロガーさんの多くがエイトとの掛け持ちであったこと等から、メンバーのキャラクターや新譜リリース時の情報等を把握している距離感にいましたが、特にファンにはならずに数年が経っていました。しかし、初紅白の「浪花いろは節」「無責任ヒーロー」のパフォーマンスが凄く良くて、知っている曲なはずなのに異常に興奮し、その後何度もリピートしていました。歌唱も良かったですし(特にいろは節の渋谷さん)、ちょっと緊張感のある中でも丁度良い塩梅でハッチャける彼らが良かったのかなぁと自己分析しています。

少年倶楽部

・もともとV6ファンなのですが、ザ少年倶楽部プレミアムの平家派クリスマス回を見ていたらゲストライブでエイトがGIFTの曲をやっていて、カウコンなどで見る曲しか知らなかったので、こんな曲をやるんだとびっくりしました。

・KATーTUN目当てで見ていた少クラで関ジュだった人達が関ジャニ∞として頑張っているのを知った時

関ジャニ∞より前にはまっていたKATーTUN目当てで見ていた少年倶楽部関ジャニ∞っておもしろい!!かっこいい!!と興味がわきました。

・ごくせん2きっかけで、仁亀を知り、少クラを見て関ジャニ∞とNEWSを知り、歌番組を見ていたらハマった

・他の番組と間違えて録画した少クラを見たのがきっかけです。

・2008年の少年倶楽部プレミアムでやすばがdesireを歌っているのを見て、関ジャニ∞が気になり始めました

・もともとKAT-TUNが好きでザ少年倶楽部をよく見ていて安田君が村上君と丸山君だったかな?とゲストに出ていた回をみて可愛くて気になるようになりました。

KAT-TUNが人気だった当時錦戸くんがNEWSとして出ていたザ少年倶楽部を見て、錦戸くんに一目惚れをしました。

・娘が少年倶楽部を毎週見ていた。一緒に見ていたら、面白いこたちだなと、気になった。同時期に地元でコンサートがあり、友達にチケットを譲って貰って、入ってはまって、今日に至る

KAT-TUN推しだった娘たちに無理矢理見せられていた少年倶楽部。お友達から借りたDVDまで全て見せられ…その中に∞が出演している回があり、通して見ていたら、歌謡曲チックな曲をカッコよく歌い踊る彼らがコントで見せる顔に惹かれました。中でもホストかいなな風貌の丸山くんが、大阪のおばちゃんになった、そのギャップに堕ちました

・2007年7月の[少年倶楽部]で観た ミセテクレのすばると大倉にやられました。娘2人いますので、ジャニーズのこともそれなりに知ってましたが、ちゃらちゃらした感じが嫌だったんですよね。そんな私が、40過ぎてジャニヲタになるとは…。でもあの一瞬で落ちるほどすごかったんです。


■周りの人のオススメ 53人

・お母さんがはまりだして、関パニを一緒に見てたら私もeighterになりました?
・母親が村上担で、テレビ媒体で彼らを見ていたり、CDが自宅にあったのでそれをよく聞いていたので自然に興味を持ちました
・母親が安田担のeighterだったことがきっかけです。
・母や母の友人が関西ジャニーズジュニアのファンだったため。
・母親が山PのファンでNEWSのDVD見てたら亮ちゃんを気になり出して、エイトのDVD見だしたら私が母親よりハマりました!ちなみに母親はあれから亮ちゃんに一年ほどハマってウィッシュのDAIGOさんのファンになりました(笑)

・気まずい担の姉の影響でデビュー前から興味はあった
・姉の友人がコンサートDVDやCDを貸してくれたものを家で一緒に見ていたらハマった。

・妹が関ジャニ∞を好きでオススメされ、妹と一緒にDVDやテレビを見ているうちに興味を持ちました。
・妹から毎朝『ワッハッハー』のPVを見せられて、最初の何日かは興味なくて、ほぼ見ていなかったけど、ある日ちゃんと見てみたら、「こんなかっこいい人いたっけ?」って思ったのが、横山裕でした。

・当時中1だった娘が先にエイトに興味を持ち、ある日ポスターを出してきて私に強制的に「誰がかっこいいと思う?」と聞いてきた。興味のなかった私は「誰でもいい」と答えたら、「誰かひとり選んで!」とうるさかったので適当に一番印象的だった(当時は金髪ソフトモヒカン)「この人」と指差したのが横山裕。(彼女は当然自分が好きな「大倉」と母が答えると思っていたようだ)さんざん「なんで?!どうして?!」と問われたけど直感で。そしてそれが「言霊」となり今に至る

・幼馴染が元々エイターで洗脳(DVDや番組を見せ続けられる)をうけていた。

・クラス替えをして隣の席の子が「関ジャニ∞のメンバー言える?」と言われて、私はその時横村錦しか答えられなくて『私関ジャニ∞のこと全然知らない!』と何故かショックを受けて意識するようにはなったがそこまではハマらなかった。
・クラスの友達が深刻な丸山担で引き込まれた。

・2004年、友人と友人の母からこれから人気になるよと薦められて雑誌・テレビ・DVD等を見たり番組観覧に行ったりした。ハマりかけたが、「ジャニヲタ」に抵抗感があったこと、高校進学やバンドにハマったことが原因でヲタクにはならなかった。

・高校生の時、熱狂的ファンだった友人に半強制的にDVDを何枚か貸されたのが始まりです。しかし当時は全く興味が無かったため、自分の知っている曲(ズッコケ、無責任など)だけ見て返すというひどいことをしていました(笑)
・当日女子高生だったのですが、ちょうどKAT-TUNが話題になっている頃でした。ジャニーズに全く興味がなくKAT-TUNを知らないことから友人に「女子高生として終わっている」と言われ、検索したことが始まりです。KAT-TUNにはピンと来なかったところ、次に検索した関ジャニ∞にハマってしまいました。

・短大の時に友人が大倉くんという言葉を頻繁に発していて、大倉くんてまさかジャニーズの?と思って話してみると、そこで見せられた雑誌にスカジャンを着た関ジャニ∞がいて、その安田くんを見て電気が走った。ジュニア時代から3番手ぐらいの位置で安田くんを応援していたのでJ家の反乱や京都ビストロジャーニーやジュニアの番組は見ていたが、高校時代は離れていた。とても久しぶりに見た安田くんを見て、え?こんなにかっこよくなったのか!?と衝撃を受けた。そこから全てが始まり次の日には情報局のハガキをせっせと書いていた。友人がオススメしていた大倉くんについては大きくなったなという印象だった。

・正直、(ジャニーズなんか。)と思っていました私ですが、社会人になり仲良くなった友人の一人がジャニオタでした。その友人宅で関ジャニ∞の関パニ、寝起きドッキリを見てジャニーズらしくない姿に興味を持ちました。

・嵐のチケット争奪戦に敗れ続け、初回限定版の予約に四苦八苦していた2010年。友人の車で外出した際、カーナビのdvdでパッチのミュージックフィルムを強引に見せられ、「今なら!行きたいライブに行ける!!」と売り込まれました。
・嵐だけでは物足りなくなったところに、嵐ヲタの先輩(笑)が、エイトとビッグバンを開拓しており、興味を持って、8UPPERSを予約。

・仲良しの友達がエイターで、雑誌を見せてくれたりカラオケで歌ってくれたりしたことです。当時はまだKAT-TUN一直線だったので、興味がある程度でしたが。

・ジャニオタの友人にジャニ勉を勧められて。ジュニアの頃から村上さんのことはかわいらしい顔立ちをしているなと思っていたので、勧めに乗ってみました。
・失恋した時、友達に勧められたDVDを見てどハマりしました

・地元があるメンバーと一緒でよくその人の話を聞いていてエイトの番組を観たのがきっかけです。


■ドラマ 38人

*錦戸

てるてる家族
・朝ドラに出ていた錦戸亮さんが気になったから

がんばっていきまっしょいというドラマが大好きだったことからです。錦戸さんは関野くん役の人という認識でしかなかったのですが、ある時本屋でNEWSが表紙のアイドル誌を見つけて、「関野くんだ」と購入しました。見ているうちになぜか小山さん惹かれそうになりましたが、読み終わる頃には我に返って錦戸さんと錦戸さんの所属している関ジャニ∞についてもっと知りたいと思いました。
がんばっていきまっしょいで錦戸くんを知りファンになり、まず一瞬NEWSを茶の間で応援したが、一瞬でエイトにハマり、それ以来eighterです。元々錦戸担でしたが、いまは全員平等に応援しています。
がんばっていきまっしょいを見て演技好きってなり、エイトとNEWS両方をチェックし、ライヴの楽しさカッコよさ半端ない、みんな仲良い!かわいいって一気に落ちました。
・たまたま見た、「がんばっていきまっしょい」の最終回。主人公に告白する亮ちゃんにドキドキして。ジャニヲタではなかったけど、テレビっ子なので亮ちゃんやエイトのことは知っていましたが、なんだか気になる、と思ったのはここからです。
・錦戸が出演していたがんばっていきまっしょいで錦戸を好きになる→NEWSと関ジャニ∞かけもちを知る→両方の動画を漁る→関ジャニ∞面白くてかっこいい!!→丸山の笑顔素敵!!!
・少クラは好きで観ていて、担当はいなく、がんばっていきまっしょいで亮ちゃんが気になりだしました。

・一リットルの涙、再放送にて亮ちゃんに落ちました。それは2007年冬でそこから調べてエイトにたどり着きました。
・1リットルの涙や流星の絆などのドラマは家族で観ていたから。
錦戸亮出演のドラマ「1リットルの涙 特別編~追憶~」から。その後に「ズッコケ男道」のリリースがされ、音楽番組によくでていたため、それを見てファンとなった。
KAT-TUNファンになってからジャニーズというものに興味が湧き、ジャニーズ出演の音楽番組などは割と追っていましたが、転機となったのは1リットルの涙のSPドラマだったと思います。そこで麻生遥斗を演じる錦戸亮に惚れ、彼の所属する関ジャニ∞に興味が湧きました。

・ドラマ『アテンションプリーズ』に出演していた中原翔太役の錦戸亮さんを見て気になりはじめた。
・あまりドラマは見ないのですがその時は、たまたまアテンションプリーズを見ていて錦戸さんが出ていて役柄が気になり、その後関風をMステを見た記憶はありますが、面白いの歌ってるなーくらいの印象でした。
・メンバー個々は関西という土地柄もあり以前から認識はあった→数年経過。2006年アテンションプリーズの亮ちゃんが可愛すぎてライブに行きたい衝動にかられた。→チケットを探して見に行った。

・ラストフレンズで錦戸亮を知り、一目惚れ、その後2009年初めのNEWSのコンサートに誘われて行ったことがきっかけでした。

流星の絆錦戸亮を見て。
・ニノが出ていたことをきっかけに見てドハマりしたドラマ「流星の絆」がきっかけです。

・たまたま見ていた錦戸くん出演ドラマで 見た目と芝居のうまさに一目惚れ エイトは彼が所属していたグループだから見るようになった

錦戸亮のドラマを見て、錦戸亮に興味をもちました。それを知った親戚が関ジャニ∞のライブDVDを見せてくれ、その結果はまりました。

*大倉

・まず「必殺仕事人2007」を観て大倉くんの不安定さに心を掴まれました。その後、連ドラの「必殺仕事人2009」で決定的に嵌まり、関ジャニ∞と言うグループを知りました。
・必殺仕事人の大倉くんの笑顔が可愛くて気になる存在になりました。それがきっかけで昔の映像をYouTubeで観て 関ジャニ∞にハマりました。

ヤスコとケンジの大倉くんを見て。

・相葉くんの担当だったときに、三毛猫ホームズを見ていて大倉くんに興味を持ちました。

*その他

・元々有閑倶楽部という漫画が大好きでヲタ友と遊んでいたらドラマをやることになり。皆が大好きだった菊正宗清四郎を誰が演じるのか?から関ジャニエイトを知りました。

マイガールを見て村上さんが気になって関ジャニ∞にはまり、安田さんに担降りしました

・嵐が好きだったので、嵐のメンバーが主演のドラマ(流星の絆ザ・クイズショウマイガール等)で共演しているジャニーズというところから興味を持ち始めました。

・きっかけは、2002年の夏に放送された昼ドラ『ドレミソラ』に出演していた内博貴でした。あまりのかっこよさに心奪われ、彼が関西ジャニーズJr.だとクレジットで知ると早々に雑誌Myojoを手に入れました。最初はドラマの裏側的なページを読んで満足していたのですが、彼がV.WESTや舞台ANOTHERなど他の関西ジャニーズJr.と一緒に載っているページも見つけ、『もっと彼について知りたい』というスイッチがONに。横山・渋谷・村上・錦戸は、昔TVで見ていたので知っていましたが、丸山・安田・大倉を知ったのは、この時でした。

・大倉くんのロメスもみてました仕事人も!亮ちゃんのドラマも昔からみて好きでした。


■現場 23人

・初演の帝劇ドリボをKATーTUN目当てで観劇し、その前後にファンサイトを見るようになったので、現場とネットの両方がきっかけになっていると思います。現場で見た人達がネットでどういう人物像に描かれているかを知り、興味を持ったという感じです。
・テレビドラマ「ごくせん2」を見て、赤西君亀梨君ってジャニーズだと知る。歌って踊るところが見たいと、調べて少クラを見る。NEWSで出ていた亮ちゃんが気になると同時に新聞広告で、「ドリームボーイ」のチケット販売を知り、興味本位でチケットを取り観劇。ショーを見てうたって踊る姿にジャニーズ凄いと思い、再度チケットを手に入れ前例で観劇。この時エイト側の席ですばる君の歌声とオーラにびっくり。前回はNEWSの仕事のため不在だった、亮ちゃん内くんも出演しており、関ジャニ∞を認識。
KAT-TUNが好きな友達がいて一緒にKAT-TUNデビューコンサートに行った。そこでジャニーズの素晴らしさに感銘を受ける。KAT-TUNとエイトのドリボを見てエイト好きになる。FTOアルバムをTSUTAYAで借りてそこからだだはまり。

・2こ上の女の先輩がよくDVDを見せてくれて、その中でも1番くいついていたであろう私を関風に誘ってくれた。
・関風コンでたまたま席が余ってるとのことで入ってみたら、曲はシングルしか知らなかったのに全体を通してとても楽しめたこと。またMCも毎公演違って今までのグループを応援していた時にはなかったことなので衝撃を受けて一気にハマりました。

・エイト初の京セラドームのコンサートに、チケットが余ったからということで誘われていきました。DVDにはなっていませんが、私が参戦した中で一番のコンサートです。
・2007年2月の初京セラドームコンサートがきっかけです。当時、私はKAT-TUNの赤西くんが好きだったのですが彼は留学中でした。このままではファンクラブ年会費が無駄になる!と思い、なんとなくお知らせがきたエイトのドームコンへと足を運びました。…なんと面白いグループだろうと、そこからはあっという間にはまりました。赤西くんが戻ってきてからは一時KAT-TUNと掛け持ちでしたが、赤西くんのやる気のなさと比例して、私のKAT-TUNへの興味は薄れていき、結局関ジャニ∞一本になり今に到ります。

・友人と47東京ドームに行く。「ジャニーズなのに面白い!!」と、好きになる。
・地元でのエイト47ツアーに誘われたことがきっかけ。それ以前から茶の間ジャニファンだったので実際に参戦したら嵌まりました。
・47の時に当時YJ扱いでチケット競争率もあまり高くなかった中、友達に誘われて入った公演でまんまと心を掴まれました。

・ドラマの影響ですっかり大倉くんファンになった姉からコンサートに誘われ、付き添い程度の気持ちで行った初めてのコンサート、PUZZLE。当時はKAT-TUNやNEWSが好きだったため、そこまで会いたすぎてやばいとか、楽しみすぎるとか、そういうことはなかったのですがコンサートだしとりあえず楽しもう!くらいの気持ちで臨みました(ファンの皆さんごめんなさい)。

・前々から興味はあり、友人にライブDVDを借りて8UPPERSのライブに同行させてもらったこと。そこで完全な錦戸ファンになりました。

・嵐のコンサートを一緒に応募していたいわゆる相方が、当選したチケット代の振込を忘れてしまったため、そのお詫びにという感じで関ジャニ∞の公演を誘ってくれた。

・先輩がコンサートに行く。と聞いて人生経験としてジャニーズのコンサートにいってみたかったから。

・友達にチケットが余っているからと誘われてライブに行ったことがきっかけで、ドラム叩いてる大倉くんが仕事人のイメージと違いすぎて気になりだしました。

・コンサート中に落ちてしまった人がいて、一気に興味を持っていかれ関ジャニ∞が好きになりました。

・友人に誘われてコンサートに行き、そのまズルズルとファンになりました。

・友人が一リットルの涙を見て亮ちゃんにハマる。同時期に母親の友人(丸担)から「コンサートのチケットあるけど行く?」と誘われる。

・ジャニヲタ20年選手なので∞の動向やメンバーのJr.時代は知っていて、メンバーの中ではJr.時代に村上くんがいいなと思っていたという程度の関わりでしたが、急に10歳離れた妹(私の英才教育によるサラブレッドジャニヲタ)が関ジャニ∞にどハマりした為、野次馬&保護者的に現場についていくうちに仲間も出来て徐々に関ジャニ∞への関心が高まりました。

・宝塚の贔屓が退団して、意気消沈しているときに誘われた「カゴツルベ」


■雑誌 16人

・友達が嵐にハマっていて、Myojoを毎月購入するようになった時たまたま一緒に見ていたところ変な名前のひとたちだな?とエイトのページに目が止まったのがきっかけです。そこから、ほんじゃにを見るようになりズルズルと沼に……

・元々KinKi目当てで買った雑誌に載っていた大倉くんに一目惚れ
KinKi Kidsが王子様に見えていた小学生時代に、もう少し手の届きやすい最初から応援できるアイドルを求めていたからか、気づいたら関ジャニ∞にはまっていました。人とは少し違うコアなものがすき!な自分だったのかもしれません。

・当時赤西仁が好きで、雑誌を買っていたがほぼKAT-TUNしか見ておらず、他のジュニアに関しては無知だった中、赤西インタビューの中に「亮ちゃん」という名前が度々出てきていて気になって錦戸を見るようになった。
KAT-TUNきっかけで雑誌を見るようになり、エイトに惹かれ出した
・赤西くん目当てでMyojoを買っていて、なんとなくエイトのページも熟読するようになった

・錦戸くんが体が小さい頃に載った雑誌を見て、あまりのかわいさに衝撃を受けました。「ジャニーさん、すごいの見つけてきたな!」と思わず雑誌に言ったのを今でも覚えてます。

・ジャニーズが好きくらいの頃にヲタ誌を初めて買ったら、NEWSというグループだけに所属しているのかと思っていた錦戸亮内博貴関ジャニ∞にも所属していて驚いた。その後どのようなグループなのか調べ、他のメンバーにも興味を持った。

・ドル誌を元々読んでいたのでデビュー前から知っていて、エイトの中なら安田くんが好きかなーと思っていた。

・アイドル誌を購入していてそこで目に止まりました。

・なにかにハマりたいと思って友達のマネしてPOTATOを買ったら、TOKIO目当てだったはずがひなちゃんのかっこよさにときめきました!(そこで関ジャニ∞を認知)

・高校時代なんとなくジャニーズ雑誌を手に取り友人と見ていたら、冴えないけれどよく見たらイケメンな大倉くんを発見しそこから関ジャニ∞に興味を持ち始めました。


■ライブDVD 13人

・高校入学と同時仲良くなった友達がKAT-TUN担で、当時二次元→テニミュ→若手俳優と二次と三次とウロウロしていた際、若手俳優目当てで購入したアイドル誌に乗っていた大倉はかっこいいなぁと思っていたため、仲良くなったKAT-TUN担に「大倉って人はかっこいい」と何気なくボヤいたのがキッカケで、運命なのかなんなのか何故か「エイトのライブDVD持ってるから貸すよ!」と、FTONコンを借りたのがキッカケでした。今思えばKAT-TUN担の友人はYJの回し者でしかありませんでした(笑)

・元々ヤスコとケンジを見ていて大倉くんには興味がありましたが、ジャニーズには全く触れなかった10代を過ごし、20歳の冬に関ジャニ∞ファンの友人にライブDVD「47」を貸してもらい、安田くんの女子力を見て堕ちました。(その時失恋で傷心だったことも理由としてあるかもしれません)
・当時、YJが好きだった友人から47のDVDを借りてファンになった。
・たまたま買った47のDVDを見て。
・当時錦戸担の友人がリリースされて間も無い47を押し付けるように貸してきたので渋々観たら、観終わる頃には完全にハマってました。
・元々は、1リットルの涙を見て亮ちゃんが好きになりましたが、関ジャニ∞には興味がなく…。たまたま某動画サイト亮ちゃん目当てで見た47の寝起きドッキリが面白すぎて、ジャニーズらしからぬ雰囲気を見て興味を持つようになったことがきっかけです。

・ヒルナンデスを見ていたときに、ヨコヒナが宣伝していた8ESTのライブDVDを購入して。

・エイトレンジャーを友人が歌っていて気になったので借りたらはまった


■ネット 11人

・もともと嵐が好きで某つべで動画を漁っていたときに関ジャニ∞のPVをみて大倉くんに興味を持ちました。

YouTubeで動画を見ていたら関ジャニ∞無責任ヒーローのPVを見つけて、ん!?となった。

Spirits!!のDVDが発売になった頃、ネットで「大倉くんがいい!」との発言を何度か見聞きして気になっていた所、ドリボズに行った同担の友達が大倉くんを絶賛していて更に気になった。

・動画サイトでイッツマイソウルのPVを偶然見て、大倉さんの可愛さに惹かれました。

・前からジャニーズは多少見てましたがSMAPファンで若い子のことはあまり知らず、カツンのデビュー頃からY&J露出を追うようになりYOUTUBEで色々動画を見ているうちにエイトが気になりDVDを買って落ちました。

・歌番組のトーク部分の動画を見て

YouTubeで∞が出演したバラエティー番組やLIVE映像を視聴しているうちに好きになった。


■ラジオ 11人

youtubeに上がっているレコメンの面白い回を友達に勧められたことがきっかけでレコメンの動画を探して聴くようになった(私が聴くようになって程なくしてレコメンの横山さんは卒業しました)
・私は訳あって家から遠いところにある小学校に親の車で登下校していたのですが、そのときに車内のラジオでレコメンの予告を聴いて、関ジャニ∞の存在を知り、その後音楽番組を見てはまりファンになりました。
・以前からレコメンリスナーであり、興味が湧いたため8UPPERSを購入したところ沼に落ちた。
・2003年秋ごろ、友人に勧められてkinkiのラジオを聴き始めその前後にやっていたレコメンで(まだジュニアの)横山くん村上くんを知った。ラジオで知ったので、歌やダンスはしないものだと思い込んでいた。
・斗真担の頃からたまにレコメンを聞いていて、斗真の露出が落ち着いてきたときにレコメンを毎週聞くようになり、いつの間にか当時発売されていたCD・DVDが手元に揃っていました。
・HEY×3の未公開集で漫才をやる松原.やノコギリ演奏をする横山を見て関ジャニ∞の存在は知っていて、ある日新聞のラジオ欄を見ていたら関ジャニ、の文字があったのでレコメンを聞いてみようと思ったのがきっかけ。なのできっかけは一応ラジオですがバラエティ番組とも言えるのかもしれむせん。
・声優さんやアニメに興味があったので文化放送をよく聞いていました。たまたま平日につけたら(声優さんやアニメ関係のラジオは土日の深夜のことが多いのです)面白い番組(平日のレコメン)がやっていてそれから聞き始めるようになりました。特に平日レコメンの中では木曜日のヨコヒナレコメンが面白くてそこで興味を持ちました。
・もともとラジオっ子だったので、レコメン木曜日を普通に面白く、ジャニオタというよりラジオリスナーとして聴いていました。そこから横山さんが出ているドラマなど見たりしていましたが、担降り(当時相葉担で、相葉さんと横山さんが仲良しなことは存じており、二人の絡みも大好きでした)までには至りませんでした。
・一番のきっかけは、そのレコメンで横山さんがPUZZLEコン初回特典の村上さんドッキリのセールストークをしていたのを聴いて、そのDVDを手に取ったことでした。関ジャニ∞って楽しい!と思い知り、嵐と並行して追うようになりました。
・たまたま聞いたレコメンがとても面白くて腹抱えて笑ってた。その時はジャニーズということを知らずに聞いていた。


■CD 7人

・ジュニア時代の三馬鹿には一時ハマっていた。社会人になり事務所自体を卒業したつもりの熱量で20代を過ごすも、家族や友人はまだ事務所ヲタだったので時々話題に触れてはいて、ズッコケはPV含めて見聞きすることが多かったので、彼らもちょっとオシャレな路線に成長したのだな、とちょっと好感を抱く。

・横山さんが嵐の櫻井さんとザ・クイズショウで共演した際、PUZZLE収録の「渇いた花 」がイイ曲だ、と言っていたことから、渇いた花を聴いてみたことがきっかけです。
・CDレンタルショップで偶然かかっていた無責任ヒーローを聴き、この曲のノリ好きだなー!と、その日にPUZZLEを借りて帰りました。

・FIGHTのCDをレンタルをしたらはまりました!
・もともとケツメイシの大ファンで、ケツメイシが曲提供をしたからという軽い気持ちでFIGHTを借りて聴きました。すばるの歌唱力と自分好みの曲が多いことに衝撃を受けて、それからいろいろCDを聴いていったらあっという間に虜になりました。


■他グループから

・NEWSデビューで、内博貴に一目惚れ。翌日、錦戸亮に人生を捧げることを決め、錦戸亮を応援していて、NEWS脱退もあり今は錦戸亮関ジャニ∞だけ。

・内錦戸が掛け持ちしていたため、関ジャニもチェックしよう→NEWSよりおもしろいじゃん→みんなかっこいいじゃん→歌上手いしバンドやっちゃうの?→沼からぬけないという感じです。当時は山Pが大好きでした。そんなわたしの心を動かしたのはヨコヒナでした…

KAT-TUNが好きであったが、You&Jみんな気になっていた。

・NEWSの内くんがずっと気になっていたところ、すでに関ジャニ∞ヲタの友人からエキサイトを借りました。そこからどっぷり内担になり、エイトが気になりレコメンを聴きはじめ、あまりにおもしろすぎ、完全に内担エイターに

KAT-TUNの仁さんを見ていて知るうちに錦戸さんを知り、興味を持ったのが関ジャニにハマるきっかけです。


■その他

・Johnny's webのブログをたまたま読んで、皆さまそれぞれ良いこと書いてて感動したから。
特に大倉くんが、内くんがいなくなって何年も経っていたのに、8→1と書き続けていたことに驚き、感激しました。
・2009年に嵐のファンになり、翌年、FC並びにジャニーズwebに入会して、そこでwebの丸ちゃんの言葉を読んで感動し、それからアルバムを聴いたり、テレビ番組を見るようになった。

忍たま乱太郎ED(桜援歌)で興味を持ち、雑誌で「この人たちが歌ってます」記事を見てさらに興味を持ち、たまたまテレビをつけたらやっていたYOSAKOIソーラン祭中継でさらに興味を持った。(すべて05年の出来事です)
・小学校低学年の時、忍たま乱太郎のED曲(桜援歌)で渋谷すばるの歌声に惚れました。

・2012年5月にカラオケに行った際、エイターである妹がDye D?を唄ったのがきっかけです。安田くんがDye D?をつくる時に考えていた「関ジャニ∞の新しい一面を見せたい」という戦略にまんまとハマった形です。

・ジャニーズJr.カレンダーを見て。ジャニーズが好きだったのでなんとなく買ってしまった。

・昔からドラマとかで見る度にこの人の顔好きだなとなんとなく思っていたが、次の瞬間には忘れるくらいだったのに、当時の詩と写真をあわせて加工してある画像のサイトに大倉が使われていて、改めて好きな顔だなと思ったのと、部活も引退して男性アイドルにハマる余裕があったからです。

・あおっぱなのcmがとても可愛く感じたから

・何も興味がなかったときにテレビか何かで流れてたワッハッハーや関風ファイティングなどのちょっとした部分は鼻歌できたため、知ってるんだとなり徐々に興味を持つように